吉上昭三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

吉上 昭三(よしがみ しょうぞう、1928年2月27日 - 1996年1月28日)は、ロシア・ポーランド文学者、東京大学名誉教授。大阪市出身。

早稲田大学露文科卒業、ラヂオプレス通信社を経て1973年東大教養学部助教授、教授。1988年定年退官後、創価大学教授となるが、自宅の火事により焼死。妻は児童文学者・内田莉莎子(父は洋画家・内田巌。祖父は評論家・内田魯庵)。息子は翻訳家の吉上恭太

共著[編集]

  • ポーランド語の入門 木村彰一 白水社 1973
  • 標準ポーランド会話 ヘンルィク・リプシッツ 白水社 1976

翻訳[編集]

  • 美の教育 子供に対する音楽・美術・舞踊の指導法 ヴェ・エヌ・シャーツカヤ 理論社 1955
  • 現代東欧文学全集 第7 聖週間 アンジェイェフスキー 恒文社 1966
  • ばかあかい ゴンブロヴィッチ 工藤幸雄共訳 世界文学全集 集英社 1967
  • 台所の太陽(吉上訳) スカリシェフの教会(木村彰一共訳)イヴァシュキェヴィッチ 現代東欧文学全集 恒文社 1967
  • 根つけ綺譚(アナトーリ・ルイバコフ)新しいソビエトの文学 勁草書房 1968
  • 星からの帰還 スタニスワフ・レム 集英社 1968 のちハヤカワ文庫
  • 祖国へのマズルカ ショパンの生涯 ブロシュキヴィチ 学習研究社 1969
  • トラストD・E エレンブルグ 世界SF全集 早川書房 1970
  • 宇宙少年イオン ブロシュキェヴィチ 学習研究社 1971
  • 宇宙創世記ロボットの旅 スタニスワフ・レム 村手義治共訳 集英社 1973 のちハヤカワ文庫
  • 尼僧ヨアンナ イヴァシュキェヴィッチ 関口時正共訳 世界文学全集 学習研究社 1978
  • 枯草熱 スタニスワフ・レム 沼野充義共訳 サンリオSF文庫 1979
  • クオ・ヴァディス シェンキェヴィッチ 旺文社文庫 1980
  • レムの宇宙カタログ スタニスワフ・レム 大和書房 1981