合計特殊出生率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国別の合計特殊出生率。先進国の多くは人口再生産に必要といわれる2.08を下回っていることが読み取れる(水色が2.0以下をしめす)。

合計特殊出生率(ごうけいとくしゅしゅっしょうりつ、英:total fertility rate、TFR)とは、人口統計上の指標で、一人の女性が一生に産む子供の平均数を示す。この指標によって、異なる時代、異なる集団間の出生による人口の自然増減を比較・評価することができる。

定義[編集]

期間合計特殊出生率[編集]

女性が出産可能な年齢を15歳から49歳までと規定し、それぞれの出生率を出し、足し合わせることで、人口構成の偏りを排除し、一人の女性が一生に産む子供の数の平均を求める。

ある年において、f(x)を「調査対象において、年齢xの女性が一年間に産んだ子供の数」、g(x)を「調査対象における年齢xの女性の数」とすると、その年の合計特殊出生率は\sum_{x=15}^{49} \frac{f(x)}{g(x)}で表される。

一般に合計特殊出生率とは期間合計特殊出生率を指す。

コーホート合計特殊出生率[編集]

コーホート(同年代に生まれた人々)の出生率を積み上げて求める。

特定のコーホートの出生力を示すもので、最終的な数字はコーホートが50歳になるまで確定しない。

期間合計特殊出生率の持つ意味[編集]

死亡率が不変で、合計特殊出生率が高ければ、将来の人口は自然増を示し、低ければ自然減を示すことになる。

仮に、調査対象における男女比が1対1であり、すべての女性が出産可能年齢以上まで生きるとすると、合計特殊出生率が2であれば人口は横ばいを示し、これを上回れば自然増、下回れば自然減となるはずである。 しかし、実際には生まれてくる子供の男女比は男性が若干高いこと、出産可能年齢以下で死亡する女性がいることから、現代先進国においては自然増と自然減との境目は2.08程度とされている。もちろん、乳児死亡率が高い、戦争状態などでは人口維持により高い合計特殊出生率が必要となる。

一方、期間合計特殊出生率はある年における全年齢の女性の出生状況を、一人の女性が行うと仮定して算出する数値であるから、調査対象のライフスタイルが世代ごとに異なる場合には、その値は「一人の女性が一生に産む子供の数」を正確に示さない。具体的には、早婚化などにより出産年齢が早まると、早い年齢で出産する女性と、旧来のスタイルで出産する女性とが同じ年に存在することになるので、見かけ上の期間合計特殊出生率は高い値を示す。逆に、晩婚化が進行中ならば、見かけ上の期間合計特殊出生率は低い値を示す。

日本の期間合計特殊出生率[編集]

厚生労働省が発表する「人口動態統計特殊報告」によると、終戦直後の出産解禁現象により生じた第1次ベビーブームの頃には期間合計特殊出生率は4.5以上の高い値を示したが、その後出生率が減少し人口減少が起こるとされる水準(人口置換水準)を下回った。1966年丙午で前後の年よりも極端に少ない1.58であった。その後、死亡率の減少による人口置換水準の低下により1967年から1973年まで、人口置換水準を上回っていたが、それ以降下回るようになった[1]

1989年には1966年丙午の数値1.58を下回る1.57であることが明らかになり、社会的関心が高まったため1.57ショックと呼ばれ、少子化問題が深刻化した[1]。その後も徐々に数値は減少していき、2005年には1.26にまで減少した。失われた10年就職難のあおりを受け、結婚や出産適齢期である層が経済的に不安定だったことや、子育てに対する負担感が増大していることなどが挙げられている[2]

しかし、景気が回復したこと(第14循環)や30代後半である団塊ジュニア駆け込み出産などの理由により[3]2006年以降上昇方向へ転じている[4]。なお、2012年の確定数では、1.41であった[5]

以下のグラフは、1947年以降の合計特殊出生率と出生数の推移を表したもので、左が出生数(単位:万)、右が合計特殊出生率となっている。また、特に1990年あたり以降の変化量が少ないこともあり、1985年以降の推移のグラフを拡大したものもその下に表している。

合計特殊出生率と出生数の推移

日本 出生数と合計特殊出生率の推移.jpg

1985年以降の推移(拡大)

日本 出生数と合計特殊出生率の推移 1985年以降.jpg

世界各国の合計特殊出生率[編集]

アメリカ合衆国を除く先進国では、日本と同様に合計特殊出生率の低下が見られ社会問題となっているが、フランススウェーデンイギリスオーストラリアデンマークなどでは1990年代以降顕著な出生率の上昇が見られる一方で、ドイツイタリアなどは、依然として出生率が低水準に留まっており、少子化問題は二極化の方向を見せている。

関連用語[編集]

  • 総再生産率 - 一人の女性が一生に産む女児の平均数。
  • 純再生産率 - 一人の女性が次世代の母親を生む平均数。総再生産率に女性の年齢別生残数を考慮した数。この値が1を超えると人口が拡大され、1を下回ると人口が縮小される。

合計特殊出生率が 1.37 であった2008年の統計では、総再生産率が 0.67 であり、純再生産率が 0.66 であった[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成18年版 厚生労働白書”. 厚生労働省. 2011年3月29日閲覧。 (合計特殊出生率は第二次ベビーブーム以降、人口置換水準を下回っている)より
  2. ^ 平成16年版 少子化社会白書(概要) 第2章 なぜ少子化が進行しているのか 第2節 少子化の原因の背景”. 内閣府. 2010年1月19日閲覧。
  3. ^ 図録合計特殊出生率の推移(日本と諸外国)”. 社会実情データ. 2010年10月3日閲覧。
  4. ^ 平成21年 人口動態統計(確定数)の概況”. 厚生労働省 (2010年9月2日). 2010年10月3日閲覧。2009年は1.37であった。
  5. ^ 平成23年(2011)人口動態統計(確定数)の概況”. 厚生労働省. 2012年10月28日閲覧。
  6. ^ 第2章 人口・世帯”. 総務省 統計局. 2011年1月29日閲覧。 2-25 標準化人口動態率及び女性の人口再生産率より。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]