合衆国輸出入銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
合衆国(米国)輸出入銀行
US-ExportImportBank-Seal.svg
組織の概要
設立年月日 1934年2月2日
本部所在地 ワシントンD.C.
人員 395人(2006年度)
行政官 Fred Hochberg
(Chairman and President)
ウェブサイト

合衆国(米国)輸出入銀行 (Export-Import Bank of the United States,Ex-im Bank) は、アメリカ合衆国連邦政府が設立した輸出信用機関である。

輸出入銀行は1934年に行政命令によって設立され、1945年に連邦議会により信用リスクを許容できない顧客のために合衆国の製品を買い付ける資金を融資し、または保障を与えることを設立目的とする独立機関として改組された。

輸出入銀行の使命は貿易金融を通じて合衆国の輸出を確保し、もっと雇用を維持することである。輸出入銀行は政府の法人として、連邦議会より2006年に期間5年の免許を受けた。輸出入銀行には免許でその権限が与えられ、同時に制限が課される。

原則として輸出入銀行は同業の民間企業と競合しないが、同業の民間企業は政治的ないし商業的リスクを引き受けることができない、ないし好まないため、実際のところ競合が起きることはまれである。

外部リンク[編集]