司馬欣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

司馬 欣(しば きん、? - 紀元前203年)は、の将軍で官職は長史。そのために長史欣とも呼ばれた。三秦の一人。

生涯[編集]

かつて、部下で獄吏の曹咎(後の楚将)の進言で、犯罪を犯した項羽の叔父である項梁を匿ったことがあった。

紀元前209年趙高の命で章邯の副将として従軍し、陳勝・呉広の乱平定などに功があったが、後に章邯の命で趙高に援軍要請のために都の咸陽に向かった。だが、そこで旧部下から趙高が自分達を処刑すると言われたため、慌てて裏街道から逃げ出した。やがて章邯に対して項羽に帰順すべく説いて項羽に降伏し、塞王に封じられた。

紀元前206年劉邦によって上将軍に任命された韓信に攻められ翟王・董翳と共にに降る。だが、翌紀元前205年睢水の戦いで董翳と共に再び楚に降った。

紀元前203年大司馬・曹咎と共に成皋を守った。しかし劉邦の軍に敗れ、曹咎・董翳[1]とともに汜水の辺りで自殺し果てた。

脚註[編集]

  1. ^ 『史記』項羽本紀に、高祖4年(紀元前203年)冬に成皋を守備し、劉邦に敗れて自殺した人物に大司馬の曹咎、司馬欣、そして「長史翳」という名が見える。これが董翳自身なのかは真偽の程は不明である。