右門捕物帖 片目の狼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 右門捕物帖 片目の狼
監督 沢島忠
脚本 高岩肇 鷹沢和善
原作 佐々木味津三
出演者 大友柳太郎
堺駿二
進藤英太郎
里見浩太郎
桜町弘子
花園ひろみ
雪代敬子
音楽 鈴木静一
撮影 伊藤武夫
製作会社 東映
配給 東映
公開 1959年3月3日
上映時間 87分
テンプレートを表示

右門捕物帖 片目の狼(うもんとりものちょう かためのおおかみ)は1959年に公開された東映映画。『右門捕物帖』シリーズの第1作。大友柳太朗嵐寛寿郎の後を引き継ぎ、名探偵、名同心のむっつり右門こと近藤右門に扮し、難事件を解決する。

あらすじ[編集]

将軍の寛永寺参詣5日前に、将軍直属の御庭番5人が首吊り死体となって発見された。八丁堀同心、近藤右門は他殺と判断、「片目の狼」を名乗る陰謀組織の正体を暴き、追い詰める。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 大友柳太朗友の会『大友柳太朗快伝』(ワイズ出版、1998年)

外部リンク[編集]