台湾第四原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台湾第四原子力発電所
右から2号機(日立製)、1号機(東芝製)。
左の塔は抗日記念碑。
台湾第四原子力発電所の位置(台湾内)
台湾第四原子力発電所
台湾第四原子力発電所の位置
台湾の旗 台湾
座標 北緯25度02分19.02秒 東経121度55分28.77秒 / 北緯25.0386167度 東経121.9246583度 / 25.0386167; 121.9246583 (台湾第四原子力発電所)座標: 北緯25度02分19.02秒 東経121度55分28.77秒 / 北緯25.0386167度 東経121.9246583度 / 25.0386167; 121.9246583 (台湾第四原子力発電所)
運営者 台湾電力
原子炉
計画中 2 x 1350 MW
テンプレートを表示

台湾第四原子力発電所(たいわんだいよんげんしりょくはつでんしょ、正体字第四核能發電廠)とは台湾中華民国新北市貢寮区にある台湾電力が運営する原子力発電所である。正式名称は龍門(ルンメン)発電所だが、台湾では一般に核四(ハースー hé sì)と呼ばれる。

概略[編集]

開発独裁による経済成長に伴い、台湾で四番目の原発として計画された北部の原子力発電所。直接の受注元はゼネラル・エレクトリックであるが、一号機原子炉が日立製作所、二号機原子炉が東芝、各発電機が三菱重工業による日本からの輸出原発である。住民の反対や、度重なる事故により、計画から30年、建設から10年を超えてもなお完成していない。

最近では馬英九政権下、民国紀元(中華民国暦)100年となる2011年に「建国100年行事」として運転開始を目指していたが、一号機中央制御室火災により延期された[1]

(株)国際原子力広報支援センターは営業運転は2016年以降にずれ込むとの見方を紹介している[2]。また、2012年3月30日には「台湾電力が、相次ぐ工事上のトラブルの自力解決を断念、日立製作所など日米の原発関連企業に全面支援を求めている」と報道された[3]

2013年2月25日には、江宜樺行政院長により台湾全住民による住民投票で建設の是非を問う方針が明らかにされた。[4]台湾で「公民投票」と呼ばれるこの住民投票は全有権者の過半数以上が参加し、その過半数が賛成することで成立する。[5]
この「公民投票」を前に2013年3月9日には台北をはじめ各地で大規模なデモが行われ、10万人を超える参加者により盛り上がりを見せた。[6]またこのデモはモデルで女優のリン・チーリン(林志玲)らが呼びかけ、俳優イーサン・ルアン(阮經天)チャン・チェン(張震)、ティファニー・シュー(許瑋甯)、伊能静や映画監督ニウ・チェンザー(鈕承澤)、ウー・ニエンジェン(呉念真)らが参加したことも注目された。[7]

問題とされる点[編集]

  • 台湾は日本と同様に地震多発地帯であること[8][9]、民家や町がごく近くにあること、建設中に何度も中断しており部品の腐食などが見られることなどから、その安全性を危惧する声がある。
  • また、戒厳令下住民への説明なく建設地が決定されたことや、その後地元の住民投票で圧倒的な反対が投じられたことから、人権問題としても問題視されている[10]
  • さらに、日本から台湾に原子炉が輸送されており事実上、日本からの原発輸出であるが、日本と台湾は国交がなく直接輸出することはできない。このため、米国を「抜け道」として不適切に経由したとの指摘がある[11]
  • その他、100万キロワットで建設許可が出された後、135万キロワットのABWRに変更されたが、影響調査は再度行われておらず、国内法に抵触するとの指摘がある。
  • なお立地現地の澳底は、下関条約で割譲された台湾に最初に日本軍が上陸した地点であり、その地に建つ第四原発は地元の住民から「第二の侵略」と呼ばれている[12]
原子炉[13] 出力(ネット値) 出力(グロス値) 起工日 臨界開始日 商業発電開始日 備考
一号炉 1300 MW 1350 MW 1999年03月31日 N/A N/A
二号炉 1300 MW 1350 MW 1999年08月30日 N/A N/A

台湾第四原発関係の地名について[編集]

括弧内は現地読みに近い仮名表記。

  • 新北市(シンペイシ) - 台湾第四原発が立地する行政区の名称。2010年12月25日直轄市になった。それより前は準直轄市扱いで、「台北県」であった。
  • 貢寮区(コンリャオク) - 新北市内の北東部を占める市轄区。台湾第四原発が立地する。2010年12月25日より前は「貢寮郷」であった。
  • 澳底(オウテイ) - 台湾第四原発に最も近く、北に位置する地域で、海鮮レストランなど観光を主とする町。
  • 福隆(フーロン) - 台湾第四原発の南に位置する地域。台湾ではよく知られている福隆海水浴場の最寄り駅福隆駅がある。東北角海岸国家風景区の管理設備があり提示物は一般に公開されている。
  • 塩寮(鹽寮、エンリャオ) - 澳底と福隆の間の地域。台湾第四原発が立地する。台湾では日本の国定公園に相当する東北角海岸国家風景区にある塩寮海浜公園として知られている。
  • 龍門(ルンメン) - 塩寮の周辺を示す地名。あまり知られていないため原子力発電所の名称とされた[14]

第四原発をめぐる台湾の歴史年表[編集]

台湾新北市貢寮区にある塩寮海浜公園内の塩寮抗日紀念碑
紀念碑そばに設置された説明板。元は日本軍が残した砲弾を用いて建てられたが後に現在の姿に建て替えられたことを解説している
日本軍がこの地に上陸した様子を解説している説明板
日本軍の侵攻について解説している説明板。左は上陸した近衛師団の道程を、真ん中は軍艦が押し寄せる様子を、右は軍を率いていた北白川宮能久親王を示している

日本から輸出された台湾第四原子力発電所とその歴史的経緯を示す事項を含んだ台湾の年表[15]。★が付いているのが台湾第四原子力発電所に直接関連する事項。

時期 事項
約800年以前 多くの先住民が居住。先住民族の林勝義によるとケタガラン族の人々は800年前から暮らしており、社会体制も構築されていたという。
1626年 スペイン基隆付近に進出。紅毛城(こうもうじょう)など建設
1642年 オランダ東インド会社が支配
1644年 李自成により滅ぼされ、その後、が支配
1662年 鄭成功が支配
1683年 清朝が台湾を支配
1874年 牡丹社事件 台湾南部に漂着した宮古島の島民殺害を理由に日本が台湾に出兵
1894年8月 日清戦争開戦
1895年4月 下関条約締結 台湾割譲
1895年5月 日本軍 北白川宮能久親王近衛師団を率い台湾貢寮区澳底に上陸
1895年6月 基隆占領
1895年10月 日本軍が台湾を制圧 台湾側死者14,000人
1898年3月 後藤新平民政長官就任
1904年2月 日露戦争開戦
1905年9月 ポーツマス条約締結
1911年 辛亥革命 中華民国が樹立
1912年 大正元年
1920年 八田與一により烏山頭ダム建設開始
1923年9月 関東大震災
1926年 昭和元年
1930年 烏山頭ダム完成
1930年10月 霧社事件 タイヤル族の抗日運動。1000人近い人々が殺害され残った人々も強制移住させられた
1931年9月 満州事変
1937年7月 盧溝橋事件
1945年8月 日本敗戦
1945年10月 台湾で降伏文書に署名、中華民国による台湾統治となった
1946年5月 台湾電力公司設立
1947年2月 二・二八事件。2万8千人もの人々が国民党により処刑・虐殺された
1949年5月 台湾全土に戒厳令を布告。38年に及ぶ
1949年10月 中華人民共和国成立 蒋介石台湾へ退却
1952年4月 サンフランシスコ平和条約日華平和条約により中華民国政府と日本国の国交が成立
1964年 中国が初の核実験成功
1966年 貢寮で原発建設が計画されたが地元の反対、道路が未開設などのため中断
1968年 中山科学研究院原子力研究所設立
1971年 台湾第一原発 金山(チンシャン)着工。GEのBWR MarkI
1972年9月 日中国交回復、日台国交断絶
1973年 カナダから研究用炉を輸入、運転
1974年9月 台湾第二原発 国聖(クオション)着工
1975年4月 蒋介石 死去
1977年 台湾電力公司、政府経済部(日本の経済産業省)監督下の政府出資株式会社となる
1978年 蒋経国 総統就任
1978年8月 台湾第三原発 馬鞍山(マアンシャン)着工
1978年12月 台湾第一原発 金山(チンシャン)1号機(63.6万KW GE BWR)運転開始
1979年 台湾NPTIAEAから脱退
1979年3月 スリーマイル島原子力発電所事故
1979年4月 アメリカで台湾関係法制定。中華民国とのすべての条約、外交上の協定を維持
1979年7月 台湾第一原発 金山(チンシャン)2号機(63.6万KW GE BWR)運転開始
1979年12月 美麗島事件 デモ弾圧をきっかけに、雑誌『美麗島』関係者が逮捕される
1980年5月 ★台湾電力が貢寮を台湾第四原発予定地に選定
1981年12月 台湾第二原発 国聖(クオション)1号機(98.5万KW GE BWR)運転開始
1982年 ★台湾第四原発の用地が強制収用され、230戸が強制転居
1983年3月 台湾第二原発 国聖(クオション)2号機(98.5万KW GE BWR)運転開始
1984年3月 「民政マンション」で280μSv/hにも汚染されたビルが発見
1984年7月 台湾第三原発 馬鞍山(マアンシャン)1号機(95.1万KW WH PWR)運転開始
1985年5月 台湾第三原発 馬鞍山(マアンシャン)2号機(95.1万KW WH PWR)運転開始
1985年 ★張国龍教授らが貢寮住民に原発の危険性を広める
1986年5月 チェルノブイリ原発事故
1987年7月 戒厳令解除
1987年 ★立法院が予算委員会の審査通過を条件として第四原発の予算を凍結
1988年 ★台湾環境保護連盟が30数個の団体からなる反核連合会を結成
原子力研究所副所長が米国へ亡命。原爆製造のためにプルトニウム抽出を試みていたことが発覚
1988年1月 蒋経国死去 李登輝総統就任
1988年3月 ★台湾電力が住民説明会開催。翌日貢寮住民が第四原発を受け入れたと報じられる。これに対し貢寮住民が予定地前でカレンダーを燃やすなど抗議行動。
1988年3月 ★塩寮反核自救会結成。1500人が参加し現地でデモ行進
1989年4月 ★50を超える環境保護団体5千人がデモ。経済部に抗議
1990年3月 ★李登輝総統再任
1991年5月 ★二万人デモ実施。総統府、行政院に陳情。
1991年9月 ★原子力委員会が反対する委員に知らせず秘密裏に審査を通過させたことに抗議し、塩寮反核自救会が予定地で抗議行動、長期化する。
1991年10月 ★自救会会長が警官に殴られたことにより衝突。警官1名死亡。17名が逮捕される1003事件発生。
1993年3月 ★立法院に反核の請願を行う
1993年4月 ★汚染マンションの住人が白血病などの健康被害について告訴し勝利
1993年6月 ★立法院の委員会が票決実施を表明。千人が座り込み活動。数百人が立法院に進入し衝突。
1993年7月 ★76対57で8年分の予算案通過。澳底では漁船による抗議行動などが実施。
1993年 台湾第二原発排水口付近で背骨の曲がった魚が大量に発見
1994年5月 ★貢寮郷(当時)で第四原発の是非について投票実施。反対が96%以上。2万人デモ台北で実施。台北県の投票では88%が反対、隣の宜蘭県では64%が反対。
1994年6月 ★台北県(当時)の委員を罷免する活動を実施。立法院で予算が通過。建設に必要な予算がこれで通過。
1994年7月 ★後に民進党党首となる林義雄が国民投票実施を訴えてハンガーストライキ
1994年9月 ★林義雄により「核四公投・千里苦行」開始
1995年5月 ★自救会、台湾環境保護連盟、学生など500名以上が予定地前に泊まり込み抗議。「反核大露営」
1995年7月 李登輝総統が過去の核兵器開発研究を認め、再開するかどうか検討すべきと発言。後に撤回
1995年7月 台湾第二原発一号機で燃料棒破損。スリーマイル島事故の倍のヨウ素が漏れる事故
1995年9月 ★第三回ノーニュークス・アジア・フォーラム (NNAF) が台湾で開催。3万人の国際デモ実施。
1996年3月 初の総統直接選挙 李登輝選出
1996年5月 ★民進党の議員が提出した原発廃止法案が立法院を通過
1996年10月 ★国民党が上記法案を否決する案を提出したことに抗議。第四原発入り口で24時間にわたって警官隊と対峙後、強制撤去を受ける。
4日後無記名投票により国民党の案が成立。
1996年11月 台湾電力が朝鮮民主主義人民共和国と低・中レベル放射性廃棄物の処分について契約
1997年3月 ★日本から第四原発の原発部品が出荷。日本製品のボイコット活動開始
1997年6月 ★通産省が「原発の安全性確保についての一次的責任は運転国にあることをロンドン条約は定めている」と明言(台湾はロンドン条約に批准していない)。
1997年9月 ★原発部品が到着。100隻以上の漁船が海上デモ、原発模型を焼くなどの抗議行動実施
1997年11月 ★敷地内に先住民ケタガラン族の遺跡があると記者会見
1998年1月 ★米国からの「口上書」を日本が受領。台湾が核兵器に転用しないことなどを保障できるとした
1998年10月 ★漁業補償問題について台湾電力に抗議
1998年 ★台湾電力が「初期安全分析報告」提出
1999年1月 ★核施設安全諮問委員会が「初期安全分析報告」を承認
1999年3月 ★学生により監察院でハンガーストライキ
★原発建設現場付近の漁業権が強制的に取消
★原子力委員会が建設許可を出す
1999年4月 ★100万KWから135.6万KWへ計画変更されたのに環境影響調査をやり直さなかったことに関して監察院が原子力委員会、環境庁を批判
★台北県が台湾電力に対し建設土の汚染を指摘、2年間の工事停止を命じた台湾電力は逆に台北県を行政訴訟。台北県は台湾電力の役員を検察署に告訴
1999年9月 茨城県東海村JCO臨界事故
2000年3月 総統選で民進党陳水扁選出 国民党が初めて政権を失う
2000年5月 ★総統就任と非核国家を祝うデモ実施
2000年10月 ★再検討委員会の協議結果を受け、行政院が工事中止を表明
2000年11月 ★住民・市民グループが工事中止を支持するデモを実施
2001年2月 ★行政院工事再開を表明。住民・市民グループが国民投票を求めるデモ実施
2002年8月 東京電力原発損傷隠蔽発覚
2002年9月 ★第10回NNAF 台湾で開催。開会あいさつを林義雄が行う。
「核四公投・千里苦行」第三波開始。9ヶ月をかけて台湾全土を回る
2003年2月 福隆の海岸の砂が第四原発の建設工事により失われているとして抗議の会見
2003年6月 ★住民・環境保護団体の抗議の中、日本から輸出された一号機の炉心が上陸
2004年3月 陳水扁再選
2004年7月 ★日本から輸出された二号機の炉心が上陸。埠頭において抗議行動
2005年6月 ★第11回NNAF 台湾で開催。
2007年7月 新潟県中越沖地震により柏崎刈羽原子力発電所1~7号機すべてが全面停止。その後、2年以上にわたり営業運転が再開できず
2008年3月 馬英九総統選出
2010年3月 ★一号機中央制御室で火災。ほぼ全焼
2010年9月 第13回NNAF 台湾で開催
2013年2月25日 ★江宜樺行政院長により台湾全住民による住民投票で建設の是非を問う方針が表明。実施予定は8月[4][5]
2013年3月9日 10万人を超える参加者によるデモ「309全國廢核遊行」が実施[6][7]
2014年4月27日 ★反対運動が高揚する中、馬英九総統は1号機の稼働凍結と2号機の工事停止を表明[16]

脚注[編集]

  1. ^ 核四走火 原能會說法環團傻眼 | 台灣環境資訊協會-環境資訊中心(中文 繁体字)第四原発出火 原子力委員会の説明に環境団体も絶句
  2. ^ 【新着情報】|台湾 原子力開発どうなる第四原子力発電所の運転開始問題
  3. ^ 「日の丸原発」行き詰まる 台湾、日立などに支援要請 建設でトラブル続出 - SankeiBiz(サンケイビズ)
  4. ^ a b 台湾:第4原発建設、住民投票の方針 行政院長- 毎日jp(毎日新聞)
  5. ^ a b 台湾の第4原発 建設続行の判断、住民投票へ(中央社フォーカス台湾) - 海外 - livedoor ニュース
  6. ^ a b 反原発:リン・チーリンさん呼びかけ台湾で10万人デモ- 毎日jp(毎日新聞)
  7. ^ a b リン・チーリンやイーサン・ルアンが「脱原発」!台北市で10万人の大規模デモ―台湾
  8. ^ 台湾第四原発の近くに海底火山台湾海洋大学応用地球物理研究所の李昭興所長が第四原発近くに多数の海底火山の存在を警告
  9. ^ 第四原発の直近に断層地質学者の塩坂邦雄氏が2010年9月に現地調査を行い第四原発近くの断層を発見
  10. ^ 風媒社『台湾への原発輸出』(伊藤孝司 著) ISBN 978-4833154017
  11. ^ これらの点について2000年に北川れん子衆議院議員(当時)により台湾第四原発向け原子力発電設備輸出許可申請に関する質問主意書が提出されたが建設が中断されているとして回答を回避した。
  12. ^ 風媒社『台湾への原発輸出』(伊藤孝司 著) ISBN 978-4833154017
  13. ^ Power Reactor Information System der IAEA: „Taiwan, China: Nuclear Power Reactors - Alphabetic“ (english)
  14. ^ 台湾塩寮報告より
  15. ^ 平原社『原発大国へ向かうアジア』(宮嶋信夫 編著)ISBN 4-938391-17-1
    。 風媒社『台湾への原発輸出』(伊藤孝司 著)ISBN 978-4833154017
    七つ森書館『原子力市民年鑑2011-12』(原子力資料情報室 編)ISBN 978-4-8228-1248-5
    映画「こんにちは貢寮」DVD付属ブックレット などより
  16. ^ “江行政院長、台湾第4原発「建設の凍結はプロジェクト中止を意味せず」”. フォーカス台湾日本語版. (2014年4月28日). http://japan.cna.com.tw/news/apol/201404280004.aspx 2014年4月29日閲覧。 
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]