台湾のカトリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
玫瑰聖母司教座堂

台湾のカトリック教会台湾中華民国)における世界的なローマ・カトリック教会の一部であり、ローマ教皇の精神的指導やローマ教皇庁の元に置かれている。

概要[編集]

1514年、台湾はポルトガルフンシャル教区英語版の管轄下として正式にローマ・カトリックの版図に編入されたが、それ以前も組織化された宣教活動が存在していた。1576年に設立されたマカオ教区により、初めて台湾と中国大陸の大部分がカバーされた。16世紀から19世紀にかけて教区の分割再編により、台湾の所属は年代順に南京教区英語版1660年)から福建代理区英語版1696年)を経てアモイ代理区英語版1883年)に変更された。

1913年に、フォルモサ(すなわち台湾)使徒座知牧区: Praefectura Apostolica de Formosa)が設立され、アモイ代牧区から分離された。1949年に台北教区が設立されるとともに、台湾知牧区は高雄教区と改称された。教区の分割再編を経て、現在、台湾のカトリック教区は大司教区1、司教区6および使徒座管理区1で構成されている(詳細は後述)。

現在、台湾でのカトリック教会の最高指導者は、2007年11月に任命された台北大司教ヨハネ洪山川である。

1.5%から2%の台湾国民がカトリック教会に所属している。

1951年9月に中国へと派遣されていた教皇公使が香港へ追い出された。1952年以来、教皇公使は台湾(中華民国)に駐在している。同様に中華民国の対使徒座大使は中国と使徒座との間の唯一永続する外交関係を提供して来た。台湾と断交せよという中華人民共和国の要求が受け入れられなかったので、北京教皇大使を移動させようとする試みは失敗した。

カトリック教会は台湾で輔仁大学という大学を運営している。

戦前、カトリック教会は台湾南部を本拠地とし、1860年代フィリピンから来たスペインドミニコ会の司祭たちが中心となっていたが、その存在感は非常に小さいものであった。第二次大戦末期から戦後にかけて、中国大陸における共産主義勢力による迫害により、大量の宗教共同体が台湾に逃れてきた。結果的にカトリック教会の信徒構成は北京官話を話す戦後の大陸出身移民(外省人)比率が過度に高くなり、時代からの大陸出身移民(本省人)や台湾原住民は非主流派となった。さらには国民党に対して大陸出身の司教たちが当初支持を公表したことや、島内での民主化闘争にカトリック教会が関与しなかったことなどが、台湾における発展の阻害要因となったことは否めない。

シャーマニズムの実践と結び付いているという点も台湾でのカトリシズムの一つの特徴として興味深い。これらのシャーマニズムは中国語で巫術と呼ばれ、インカルチュレーション(諸民族の慣習・民族性に対する寛容)の一環とされる。それらは台湾原住民の伝統的宗教の必要不可欠な部分であり、彼らは約50年前にキリスト教に改宗し、大半は長老派あるいはカトリック信徒となった。

2009年に、台湾でのカトリック教会は宣教150周年を迎えた。  

沿革[編集]

カトリックを信仰する平埔族の家庭(日本統治時代・屏東)

台湾のカトリック教区[編集]

台湾のカトリック教区分布図
カトリック台北大司教区(台北市、新北市、基隆市、宜蘭県)
カトリック新竹教区(桃園県、新竹市、新竹県、苗栗県)
カトリック台中教区(台中市、彰化県、南投県)
カトリック嘉義教区(雲林県、嘉義県、嘉義市)
カトリック台南教区(台南市、澎湖県)
カトリック高雄教区(高雄市、屏東県)
カトリック花蓮教区(花蓮県、台東県)
カトリック金門・馬祖使徒座管理区(金門県、連江県)
  • 管理者: ヨハネ洪山川大司教(神言会) 2007年就任


  1. 台湾地区各司教の洗礼名は英語による綴りのみ公表されているが、本記事のカナ表記は主として新共同訳聖書における人名に準じた。
  2. いずれのの司教座聖堂名も公式の日本語訳ではなく、本記事のために便宜的に付したものであることに留意いただきたい。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 《台灣天主教手冊》2012年版(中国語),台灣地區主教團秘書處 編・訳,天主教教務協進會出版社 出版

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 台中教区の記事による。高雄教区によれば1951年1月26日。
  2. ^ 「小三通」法案通過,兩岸教會預期有更多接觸(中国語)