台北捷運小南門線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


台北捷運小南門線
中正記念堂駅に到着した小南門線列車
中正記念堂駅に到着した小南門線列車
台北捷運小南門線の路線図
路線総延長 1.6 km
軌間 1,435 mm
電圧 750 V直流
最高速度 80 km/h
小南門線
各種表記
繁体字 小南門線
簡体字 小南门线
拼音 Xiăonánmén Xiàn
通用拼音 Siăonánmén Siàn
注音符号 ㄒㄧㄠˇ ㄋㄢˊ ㄇㄣˊ ㄒㄧㄢˋ
発音: シャオナンメン シェン
台湾語拼音 Sió Lâm mn̂g sòaⁿ
日本語漢音読み しょうなんもんせん
英文 Xiaonanmen Line
テンプレートを表示

小南門線(しょうなんもんせん)は台湾台北市内を運行する台北捷運路線台北駅の混雑緩和を目的に淡水線中正紀念堂駅板橋線南港線西門駅を連絡する。

駅はわずか3つだが、中華民国総統府司法院などの政府官公庁街を通る事もあり、利用者はかなり多い。2014年11月15日から松山方面から西門方面へ抜ける松山線と相互乗り入れを開始した。

2013年11月23日までは線内折り返し運転のみであったものの(「歴史」節を参照)、2013年11月24日より新店線台電大楼駅まで運行区間を延長した。

路線データ[編集]

歴史[編集]

台電大楼駅への直通運転を告知するパネル
(西門駅・2013年12月)
  • 2000年8月31日 - 開業。
    • この時点では、6両編成の電車が線内を単純に行き来するダイヤとなっていた。
    • また線路は複線で敷設されていたものの、この時点では片方の線路のみを使用する単線運転となっており、定期的に使用する線路を入れ替えていた。
  • 2013年11月24日 - 信義線開業に伴い、新店線台電大楼駅まで直通運転を開始。また、複線運転を開始。
  • 2014年11月15日 - 松山線開業に伴い、松山線との直通運転を開始。また、新店線新店駅まで直通運転を延伸。

駅一覧[編集]

斜字体は建設中または計画中の路線

駅番号 駅名 接続路線・備考 所在地
日本語 繁体字中国語 英語
松山線 松山駅まで直通運転
G13 西門駅 西門站 Ximen Station
接続路線 松山線 (直通運転)
接続路線 藍線南港線板橋線
台北市 中正区
G12 小南門駅 小南門站 Xiaonanmen Station
 
G11 中正紀念堂駅 中正紀念堂站 Chiang Kai-Shek
Memorial Hall Station
接続路線 新店線直通運転
接続路線 紅線淡水線信義線
新店線新店駅まで直通運転


使用車両[編集]

外部リンク[編集]