可降水量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

可降水量(かこうすいりょう)とは、地表のある面を基点としてその上空の大気を大きな鉛直の柱(大気柱)と考え、そこに含まれる水蒸気がすべて凝結して地上に落下(降水)した時の降水量のこと。

大気の移動が全く無いと仮定すれば、これ以上の降水量は無いと考えられる値である。現実的にはこのようなことはない。実用的には、大気中のの総量を表す数値の1つとして用いられる。単位は降水量と同じmm

ラジオゾンデによって得られる気温湿度などのデータを公式に当てはめ、テヒグラムSkew-T log-P図あるいはコンピュータを用いて算出する。また、気象衛星地球観測衛星赤外線センサーによる観測からも、可降水量が推定できる。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]