可児駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
可児駅*
駅舎(2008年10月13日)
駅舎(2008年10月13日)
かに - Kani
下切 (3.4km)
(2.6km) 美濃川合
所在地 岐阜県可児市下恵土1254
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 太多線
キロ程 12.8km(多治見起点)
電報略号 カコ
ヒロ(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,421人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1918年大正7年)12月28日
乗換 新可児駅名鉄広見線
備考 業務委託駅(夜間無人駅
みどりの窓口
* 1982年に広見駅から改称。

可児駅(かにえき)は、岐阜県可児市下恵土にある、東海旅客鉄道(JR東海)太多線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。互いのホームは跨線橋で結ばれている。構内トイレ(水洗式)は駅舎に隣接している。

東海交通事業の職員が業務を担当する業務委託駅で、美濃太田駅が当駅を管理している。みどりの窓口タッチパネル自動券売機がある。起終点の美濃太田駅・多治見駅を除くと、太多線では唯一の自動券売機設置駅である。自動改札機エレベーターは設置されていない。改札外にキヨスク売店があったが、2013年3月30日をもって営業終了。2013年5月22日に駅舎のキヨスク部分が取り壊され、跡地は飲料、アイスクリームの自販機コーナーとなった。営業時間は7時から19時までの間のみで、駅員配置時間外は出札口が閉まり、自動券売機も発売停止される。

2009年2月に2番線北側に引込線が新設され、旧引込線は撤去された。旧引込線上には、旧ホームと現1番線を区切る形で2010年(平成22年)3月8日にフェンスが設置された。TOICAの運用は2010年3月13日に開始され、当駅は簡易改札機による対応となっている。

2011年平成23年)6月現在、可児駅東土地区画整理事業に伴い駅前広場整備が行われている。利便性向上のため将来の橋上駅舎化も構想されていたが、事実上断念。東西連絡通路のみ建設されることとなり、2013年4月18日より西側、東側の順で地質調査が行われ、東西連絡通路の工事着手となった。

可児駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 太多線 上り 多治見方面[1]
2 太多線 下り 美濃太田方面[1]

利用状況[編集]

「可児市の統計」によると、当駅の一日平均乗車人員は以下の通りに推移している。

  • 2006年度 - 1,496人
  • 2007年度 - 1,505人
  • 2008年度 - 1,502人
  • 2009年度 - 1,453人
  • 2010年度 - 1,462人
  • 2011年度 - 1,421人

駅周辺[編集]

腕木式信号機

名鉄広見線新可児駅が隣接している。2つの駅舎の間には、JRの線路をくぐるための地下道がある。 駅前には腕木式信号機が保存されている。駅舎の反対側には駐輪場がある。大型商業施設官公庁などは比較的駅から遠い場所にあり、徒歩で10分程度要す。

バス路線[編集]

  • 東濃鉄道
    • 八百津線(可児駅 - 可児市役所 - 可児川合 - 牧野 - 中山 - 和知 - 八百津本町 - 八百津ファミリーセンター)
    • 八百津線(可児駅 - 可児市役所 - 可児川合 - 可茂特別支援学校
    • 花フェスタ公園線(可児駅 - 可児市役所 - 花フェスタ記念公園
    • 久々利線(可児駅 - 広見町 - 竜泉寺前 - 久々利)
    • 緑ヶ丘線(可児駅 - 広見町 - 緑ヶ丘団地 - 皐ヶ丘 - 桜ヶ丘 - 美濃焼団地 - 光ヶ丘- 多治見駅北口)
    • 緑ヶ丘線(可児高校 - 可児駅 - 広見町 - 緑ヶ丘団地 - 皐ヶ丘 - 桜ヶ丘)
  • 可児市コミュニティバス「さつきバス

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
太多線
下切駅 - 可児駅 - 美濃川合駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 駅掲示用時刻表の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(2011年1月現在)。

関連項目[編集]