句読点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

句読点(くとうてん、英:punctuation)とは、句点読点の総称である。最も狭義には終止符カンマのみを指すが、より広く疑問符感嘆符省略符を含む場合、さらに広義には括弧カギ括弧、その他文章に使う様々な記号を含む場合がある。

句読点は、その置き方により構文上重大な変化を起こしうる。例えば"eats, shoots and leaves"(食って撃って逃げる)と"eats shoots and leaves"(芽と葉を食べる)のように、カンマを入れることによって意味が変化する。日本語では分かち書きの習慣がないためにさらに誤解が起きやすく(アフガン航空相撲を参照)、誤解を防ぐために読点を多く打つことがある。

多くの言語では、文の構造を示したり、曖昧さの回避のために重要な要素となっている。

同一とみなされる言語でも、国や地域によって正書法が異なることもある。例えば英語では、英国式では引用符で句を括った場合に、その引用に属さない句読点は引用符の外に出すが、米国式では中に入れる[1]

歴史[編集]

新青年』に掲載された魯迅狂人日記』(1918年)、縦書きに「。」「,」「;」を使用

初期のアルファベット表記では大文字と小文字の区別も、単語間の空白もなかったが、古代ギリシャで文章を音読するときに休止を置く場所を示すための記号として点が使われはじめた。ラテン語ではアエリウス・ドナトゥスらが句読点の使用を推奨した。活版印刷術の発展とともに句読点が標準化されるようになった。

ヘブライ語聖書には、節をつけて朗読するためのさまざまな記号が文字の下に附されており、そのうちのあるものはそこで切れる(または切れない)ことを知るために使うことができる。一方、現代ヘブライ語では西洋の句読点と同じものを使用している。それ以外の言語でも現在は西洋と同じまたは類似した句読点を採用していることが多い。西洋と異なる句読点としては、縦棒を用いるもの(チベット語など)、空白を用いるもの(タイ語など)、複数の点や横線を組み合わせたもの(エチオピア文字)などがある。

中国には古くから句読点に相当する記号が存在した。たとえば戦国時代郭店楚簡には句読点に相当すると思われる記号が付されている。後には句点と読点を区別する工夫も行われた。しかし句読点を記すことは必須ではなく、大部分の書物には句読点が書かれていなかったため、読む側で句読点をつける必要があった。20世紀にはいると西洋の影響で区切り記号を使用することが試みられ、これを「新式標点」と呼んだ。1919年に胡適・馬裕藻・周作人・朱希祖・劉復銭玄同の6人が教育部に「請頒行新式標点符号議案」を提出し、翌年正式に公布された。中華人民共和国では従来の標点符号に少し変更を加えたものを1951年に『標点符号用法』として公布した。『標点符号用法』は1995年に改訂されて国家標準 GB/T 15834 として公布され、その後も数回の改訂を経ている[2]。台湾では1987年に教育部が『重訂標点符号手冊』を発行した(2008年に修訂)[3]

日本では中世以前、正式な文書は漢文で書かれていたので、中国と同様であった。中世以降、仮名書き文や漢字仮名交書き文が普及したが、草書体から発展した平仮名での筆記は、文章の区切りごとに繋がって綴られることが多く、また語頭とそれ以外で仮名をつかい分けたり、漢字と仮名を交ぜ書きすることによって、ある程度句読点に相当する機能を果たしていた。

近代にはいって活字の使用が増え始めると、明治20 - 30年代以降、日本語での句読点の使用が、徐々に現れはじめた。句読点の置き方の標準がはじめて公的に示されたのは、明治39年(1906年)の文部省大臣官房圖書課の「句読法案(句読点法案)」である[4]。戦後のものとしては「くぎり記号の使ひ方(案)」などがある。詳細は「公用文作成の要領」を参照。

句読点の組合せ[編集]

日本語文章では、縦組横組とで句読点を変えることがある。縦組では「、。」だけであるが、横組では「、。」「,。」「,.」の組合せがある。これは明治時代に日本語の改革が起きたとき以来続いているが、現代のワープロソフトDTPソフトでも、基本的に縦横の組み方を変えたとき、自動的な変換はなされない(ミニュートなどは自動的に適切なものに置き換わるソフトもある)。

多くの仮名漢字変換システムでは設定によって句読点の使い方を選べるが、ソフトによっては「、。」と「,.」の組合せのみで、それぞれを独立して設定できないものもある。こういった表記ルールは各出版社や、その中でも印刷物の種類ごとに定められており、例えば官報は縦横どちらも「、。」であり、平凡社世界大百科事典は書籍版においては「,.」、CD-ROM版においては「,。」を使用している。また、自治体によっては庁内文書や公的文書でも「,。」としている所もある(広島県宮城県呉市等)他,雑誌でもこのルールで記事が書かれているものもある(「ぽると出版」の「バスラマ・インターナショナル」等)。

昭和26年に公用文作成の要領が第12回国語審議会で議決、建議され、翌27年に各省庁に通知された。この要領において、公文書は横書きとし、句読点は「,。」を用いるよう定められている。この要領は昭和61年発行の内閣総理大臣官房総務課が監修した新公用文用字用語例集にも掲載されており、現在も有効である。それにもかかわらず、50年以上経過した現在においても、官報をはじめ、この要領に沿わない公文書が多く発行されている。文部省では横書きは「,。」が使用されていたが、平成11年3月文部省大臣官房総務課行政事務管理室から「文部省における事務能率の向上について」が出され、横書きの読点について、文書全体で統一することで「,」又は「、」のいずれでも可とするとされた。また、現在日本で使われている横組の教科書(社会算数数学理科英語音楽など)のほとんどは「,。」の組合せである(国語書写及び書道縦組なので「、。」を使用)。

中国語では、縦書きでも横書きでも「,。」の組合せを用いる。「、」は日本の中黒に相当する別の記号である。

朝鮮語の場合、大韓民国では1988年のハングル正書法附録で、縦書きでは「、。」を、横書きでは「,.」を用いるとしていたが、縦書きがほとんど使われないため、2015年施行の改正で「、。」は削除された[5]北朝鮮では1954年の朝鮮語綴字法以来「,.」のみを使用すると規定されている。

その他[編集]

手書き毛筆の賞状表彰状感謝状等では、現代でも慣例として句読点を用いない。詩でも(特に短歌俳句など)句読点を用いないことが多い。新聞のコラムでは句読点のかわりに別の記号を用いることがある(たとえば天声人語では通常の句読点のほかに「▼」を使っている)。

メールインターネット上などのインフォーマルな文書で、三点リーダ()の代わりとして文中や文末で句読点を重ねて使う人がいる。連続する回数は場合や人によってまちまちで一定せず、通常の句読点と混在させる場合もある(例…「~~だと思うんですけど、、、、」「~~だと思います。。。。」など)。

その意味合いは人によってまちまちだが、「三点リーダよりも打ちやすい」「入力モードを半角にしなくてよい」などの手間を省く目的や、「語尾に余韻を持たせたい」「まだ言葉が足りない気がするが言葉が見つからない」「言葉を濁す」「焦慮を込める」など、文面に様々な含みを持たせる目的で使うという(ただし、この用法を学術的に調査した例は知られていない)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Chicago Manual of Style (15th ed.). University of Chicago. (2003).  (§6.8-6.10)
  2. ^ 标点符号用法 (pdf)”. 中華人民共和国教育部. 2015年5月15日閲覧。 (中国語)
  3. ^ 《重訂標點符號手冊》修訂版 ”. 教育部. 2015年5月15日閲覧。 (中国語)
  4. ^ 句読法案・分別書キ方案』 文部大臣官房図書課、1906年(国立国会図書館)
  5. ^ 온점? 이젠 ‘마침표’로 불러요!”. 銅雀図書館. 2015年5月15日閲覧。 (朝鮮語)