古鉤頭虫綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古鉤頭虫綱
Acanthocephala Rhadinorhynchus 2.jpg
Rhadinorhynchusの口吻
分類
: 動物界 Animalia
亜界 : 真正後生動物 Eumatazoa
階級なし : 左右相称動物 Bilateria
上門 : 扁形動物上門 Platyzoa
: 鉤頭動物門 Acanthocephala
: 古鉤頭虫綱 Palaeacanthocephala
学名
Palaeacanthocephala
A.Meyer, 1931

古鉤頭虫綱(ここうとうちゅうこう、Palaeacanthocephala)は、鉤頭動物門の中の綱の1つである。成体は主に魚や水鳥、海生哺乳類等に寄生して栄養を得る。

皮下細胞の細胞核は断片化していて、原鉤頭虫綱では常に8つのセメント腺を持つのに対して、オスは2つから7つのセメント腺を持つ。

次の2つの目に分かれる。