古空穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「古空穂」

古空穂(ふるうつぼ)または空穂(うつぼ)とは、鳥山石燕の妖怪画集『百器徒然袋』にある日本妖怪[1]

空穂とは矢を入れて背負う道具のことだが、『百器徒然袋』の解説文によれば、この「古空穂」は元は那須野の原で野干を射たという三浦介義明の空穂だったとあり[1]、その三浦介の空穂が付喪神と化し、獣のように動き回るようになったものが、妖怪の古空穂とされる[2]

三浦介は上総介広常とともに那須野の原で九尾の狐を仕留めたといわれるが、歳月を経たことでかつての栄光を忘れられたため、空穂が妖怪と化したとする説がある[1]。また、矢入れの空穂は多くは漆塗りの竹が用いられるが、中には毛皮や羽毛の貼られたものもあり、そのような動物製のものの方がこのような付喪神になりやすいとする説もある[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、299頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち IV 日本編』 新紀元社〈Truth in fantasy〉、1990年、302-303頁。ISBN 978-4-915146-44-2
  3. ^ 水木しげる 『図説 日本妖怪大鑑』 講談社〈講談社+α文庫〉、2007年、264頁。ISBN 978-4-06-281126-2

関連項目[編集]