古川浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

古川 浩(ふるかわ ひろし、1966年8月5日[1] - )とは大阪府出身[1]の競馬実況アナウンサーである。

来歴・人物[編集]

関西大学卒業後、毎日新聞社に就職する[1]。入社から3年後の1992年耳目社に転職[1]し、南関東4場競馬実況アナウンサーとしての活動を開始。以後13年にわたって南関東4場で場内実況を担当し、東京シティ競馬中継の実況も行う。

耳目社を退社後、2006年4月に北海道競馬運営改善対策室に移り[1]ホッカイドウ競馬でパドック解説の司会進行を担当[2][1]。翌2007年より場内実況を担当[1]している。

2010年時点で独立しフリーとなっており、競馬解説者としても活動している[3]

2011年5月からは盛岡競馬場の場内実況も担当している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 南関東出身アナが道営で実況再デビュー” (日本語). 連載・ピープル07. 日刊スポーツ北海道 (2007年4月15日). 2010年11月27日閲覧。
  2. ^ 古川浩 (2006年4月19日). “みなさんはじめまして???” (日本語). ホッカイドウ競馬を愉しむ。. 北海道競馬運営改善対策室. 2010年11月27日閲覧。
  3. ^ 古川浩 (2010年9月27日). “Aiba釧路で出張解説” (日本語). ホッカイドウ競馬を愉しむ。. 北海道競馬運営改善対策室. 2011年1月12日閲覧。2枚目の画像も参照。

関連項目[編集]