古ラテン語聖書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エウセビオスによって書かれたCodex Vercellensisの一部。ヨハネによる福音書 16:23-30

古ラテン語聖書(こらてんごせいしょ、Vetus Latina)とは、ヒエロニムスによるヴルガータ以前の、数々のラテン語聖書の総体を指す。従って、「古いラテン語」による聖書ではなく、ラテン語による「古い聖書」の意。かつてはこれを「イタラ」(Itala)と呼んでいたが、イタリア半島以外にも広く流布していたことが明らかとなり、現在では、この呼称は消えつつある。

ヴルガータの四福音書以外の新約文書は、これらの訳がそのまま用いられており、また、ヴルガータの四福音書も、ヒエロニムスは、古ラテン語訳を大いに参照して改訳・改訂したと考えられている。また、今日の新約聖書ギリシア語原典の本文批評においても、重要な役割を果たす。