口底蜂窩織炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

口底蜂窩織炎(こうていほうかしきえん)とは、舌下隙顎下隙オトガイ隙を含む、広範で重篤な化膿性炎症のことである。臨床名では、Ludwig’s anginaとよく呼ばれる。

症状は、舌下部、顎下部、オトガイ下部のびまん性腫脹発赤疼痛二重舌開口障害嚥下障害、時に呼吸困難から死亡する。

治療は、薬物療法、外科療法、局所と全身の安静と栄養管理である。

関連項目[編集]