受動的攻撃行動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

受動的攻撃行動(じゅどうてきこうげきこうどう、: Passive-aggressive behavior)は、怒りを直的的には表現せず、緘黙や義務のサボタージュ、あるいは抑うつを呈して相手を困らせるなど、意識的無意識的にかかわらず後ろに引くことで他者に反抗する(攻撃する)行動である。DSM-IVではこれらの対人様式が固定化された受動攻撃性パーソナリティ障害を、「社会的・職業的状況において適当な行為を求めるために、拒否的な態度や受身的な反抗をとるという一貫したパターン」と説明している。

受動攻撃性パーソナリティ障害[編集]

受動攻撃性パーソナリティ障害
分類及び外部参照情報
ICD-10 F60.8
ICD-9 301.84
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

受動攻撃性パーソナリティ障害(じゅどうこうげきせいパーソナリティしょうがい、: Passive-aggressive personality disorder ; PAPD)は、拒絶性パーソナリティ障害: Negativistic personality disorder)とも呼ばれる、受動的な抵抗と拒絶的な態度で攻撃感情を表現するパーソナリティ障害の一類型である。DSM-III-Rでは II 軸に分類されていたが、DSM-IVでは受身的攻撃行動をいかにカテゴライズするかという更なる研究ニーズのために付録へと移動された。

概要[編集]

受動攻撃性パーソナリティ障害は、いやなこと、やりたくないことに対して、「いやだ」「やりたくない」と言うかわりに、わざとゆっくりやったり、忘れたふりをしたり、いわば後ろに引くことで反抗する。不機嫌な気持ちになると受け身的なやりかたで攻撃感情を表現し、あてつけや抵抗を示すために、対人関係に広く支障をきたしてしまう[1]。しかしこうした態度は通常両価的であることが多く、反抗的な態度をとる一方で、時には謝ったりなだめたりと動揺を示すことがある。他人への依存と自己主張の願望との間で葛藤に陥り、自信を失うことも多い。受動攻撃性パーソナリティ障害は成人にのみ診断がなされる。子どもの場合には反抗挑戦性障害と診断される。

診断基準[編集]

DSM-IV-TR(研究用基準案)[編集]

A. 適切な行為を求める要求に対する拒絶的な態度と受動的な抵抗の広範な様式で、成人期早期までに始まり、種々の状況で明らかになる。以下のうち4項目(またはそれ以上)によって示される[2]

  1. 日常的な社会的及び職業的課題を達成することに受動的に抵抗する。
  2. 他人から誤解されており適切に評価されていない不満を述べる。
  3. 不機嫌で論争を吹っかける。
  4. 権威のある人物を不合理に批判し軽蔑する。
  5. 明らかに自分より幸運な人に対して、羨望と憤りを表現する。
  6. 個人的な不運に対する愚痴を誇張して口にし続ける。
  7. 敵意に満ちた反抗と悔恨の間を揺れ動く。

B. 大うつ病エピソードの期間中にのみ起こるものではなく、気分変調性障害ではうまく説明されない。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 市橋秀夫 『パーソナリティ障害(人格障害)のことがよくわかる本』 講談社、2006年ISBN 9784062594080
  • 高橋三郎、大野裕、染矢俊幸(訳) 『DSM‐IV‐TR 精神疾患の診断・統計マニュアル 新訂版』 医学書院、2004年(原著2002年)。ISBN 9784260118897

関連項目[編集]