反基礎付け主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

反基礎付け主義(はんきそづけしゅぎ、英:Anti-foundationalism)とは、知識を基礎づける確実な基盤の存在を認める基礎付け主義を批判し、反対する主張。リチャード・ローティに代表される。フランス現代思想ポスト構造主義ポストモダンも反基礎付け主義的傾向をもつ。真理理性といったロゴス中心主義を批判する。総じて相対主義的な傾向を持つ。

関連項目[編集]