双子語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

双子語(ふたごご)とは、双子の間でのみ独自に使用される言語英語では、Idioglossia(イディオグロシア)という用語が使用されるが、イディオグロシアは厳密には双子に限定された概念ではない。一般的な英語では「twin talk」あるいは「twin speech」と言われる。

出生から複数の言語にさらされる子供たちは双子語を発達させることが多いが、これらの言語は通常比較的幼い間に消え、接する言語の一方または両方を使い出す。また、親(当然ながら双子でないことが多い)が気味悪がってやめさせる例もある。

イギリスでの有名な例として、ジューン&ジェニファー・ギボンズ(en:June and Jennifer Gibbons1963年生まれの双子の放火犯)の例があり、この例では十代になっても双子語が残存していたという。

関連項目[編集]