原生地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

原生地域(げんせいちいき、: wilderness)は、地球上で、人間によって手が加えられていない自然環境である。原始地域(げんしちいき)などとも呼ばれる。

概要[編集]

原生地域として最もよく知られているのは、原生林であろう。しかしながら、原生林は原生地域の代表的な例ではあるが、森林に限らず平原湖沼などのあらゆる自然地形が原生地域に含まれうる。

コンサベーション・インターナショナル(Conservation International)による"Wilderness: Earth's Last Wild Places"という書籍では、原生地域を、本来の植生が70%以上の地域で残っており、10,000 km²以上の広さがあり、人口密度が5人/km²以下の地域と定義している。そして、この定義によれば、地球上の46%が原生地域にあたるとされる。

アメリカ合衆国では、法律に基づいて原生地域が指定され、保護の対象となっている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]