原子力・ 代替エネルギー庁 (フランス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス原子力・代替エネルギー庁(げんしりょく・だいたいえねるぎいちょう、 Commissariat à l’énergie atomique et aux énergies alternatives 、略称 CEA)とは、『公共事業体』的性格のフランス政府機関で、軍需民需を問わずに原子力の開発応用を推進する政府機関である。2010年からの新名は原子力・ 新エネルギー庁ともいう。

組織[編集]

CEAは核エネルギー最高顧問(現在Bernard Bigot)および、各セクターを統括する長官が組織の頂点に立つ。CEAの役割はアメリカ合衆国エネルギー省と同等である。2004年の職員数は研究者・技術者・事務職あわせて14,931人である。

CEA の創設は1945年で、以来の主要最高顧問はフレデリック・ジョリオ=キュリー、Francis Perrin、Jacques Yvon、Jean Teillac、Robert Dautray、René Pellatおよび現職である。

核反応炉の設計、集積回路の製造、放射性物質の医療応用、地震研究と津波の広報、コンピュータシステムの安全性、その他多岐にわたる基礎研究と応用研究を実施している。

ここには世界で十指に入るスーパーコンピュータTera-10)がある。

ここには以下4つの研究部門directionsがある。

施設[編集]

民生科学センター[編集]

軍事技術研究センター[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]