原口幸市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

原口 幸市(はらぐち こういち 1940年11月24日[1] - 2009年10月4日)は、日本の元外交官官僚

人物[編集]

東京都生まれ。東京都立日比谷高等学校東京大学教養学部を卒業後、1964年外務省に入省。同期には加藤紘一川島裕法眼健作橋本宏渡辺伸松尾克俊らがいる。

外務省在籍中は国際連合日本政府代表部特命全権大使などの要職を歴任し、その後は宮内庁に転じて式部官長を務めた。

2009年10月4日、宮内庁の同好会の仲間と登山した雨飾山新潟県糸魚川市)からの下山中に山頂付近で倒れ、病院に運ばれたが急性心臓死のため死去した[2]。68歳没。

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『政官要覧』平成21年秋号(発行:政官要覧社) P.673参照
  2. ^ “原口幸市氏死去 宮内庁式部官長”. 47NEWS共同通信). (2009年10月4日). http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009100401000541.html 2009年10月17日閲覧。 
先代:
川島裕
宮内庁式部官長
2007年 - 2009年
次代:
肥塚隆(事務代理)
先代:
鈴木勝也
朝鮮半島エネルギー開発機構担当特命全権大使
2005年 - 2007年
次代:
美根慶樹
先代:
赤尾信敏
ジュネーヴ国際機関日本政府代表部特命全権大使
1999年 - 2002年
次代:
大島正太郎
先代:
小倉和夫
外務省経済局長
1994年 - 1996年
次代:
野上義二