印環細胞癌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
印環細胞癌
分類及び外部参照情報
乳腺由来転移印環細胞癌HE染色
ICD-O: M8490/3
MeSH D018279
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

印環細胞癌(いんかんさいぼうがん、signet ring cell carcinoma)は上皮悪性腫瘍癌腫)の一種であり、印環細胞組織学的形態をとるものをいう。

腺癌組織型のひとつであり[1]の腺上皮に最も高頻度に認められるが、体の他の場所からも生じることがある[2]。一部の(全てではない)症例については遺伝性であり、しばしばCDH1遺伝子の変異を来している[3]

転移[編集]

胃の印環細胞癌は転移の仕方が腸型胃癌と異なっている。胃の印環細胞癌転移症例においては、腹膜播種の癌性リンパ管症、クルーケンベルク腫瘍(英語版)などの形で進行する傾向にある[4]

組織学的形態[編集]

粘液を貯留した巨大な小胞細胞核を辺縁に圧排しているため、癌細胞が印環(印台リング)のように見えることから「印環細胞癌」という。

胃では、低分化型腺癌と印環細胞癌が混在することがしばしばあり、組織学的に por/sig と表記される。肉眼的には、linitis plastica やスキルス胃癌と呼ばれる形態がしばしばみられる。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]