占領下アラブ湾岸解放人民戦線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

占領下アラブ湾岸解放人民戦線は、湾岸アラブ諸国共産主義組織の一つである。1968年ドファール解放戦線を発展改組して結成された。

この団体はアラブナショナリズムマルクス主義を掲げていた。この団体は湾岸アラブ諸国で活動していた。その中でとくにオマーンバーレーンで活発な活動をしていた。

占領下アラブ湾岸解放人民戦線は南イエメンに事務所を開設しており、南イエメンの支援を受けゲリラ戦を行った。1968年8月の時点ではラヒュートを支配下に置き[1][2]最盛期はドファール西部で強い影響力を持っていた。1971年にはドファール革命政府を樹立。1975年まで反乱を継続した。[3]ドファール解放戦線に引き続きアラブ民族主義運動と連携していた。1974年オマーン解放人民戦線バーレーン解放人民戦線に分裂した。[4]

脚注[編集]

  1. ^ Popular Front for the Liberation of the Occupied Arabian Gulf, Malcolm C. Peck, entry in Encyclopedia of the Modern Middle East and North Africa, Gale Group, Inc., retrieved from Answers.com
  2. ^ John Peterson, Defending Arabia, 1986, Taylor & Francis, pp 100
  3. ^ http://www.kaho.biz/at/d.html
  4. ^ Halliday, Fred. Revolution and Foreign Policy: The Case of South Yemen, 1967-1987. Cambridge Middle East library, 21. Cambridge: Cambridge University Press, 1990. p. 144