単為結果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

単為結果(たんいけっか)とは、植物において、受精が行われずに子房壁花床が肥大して果実を形成すること。このようにしてできた果実は通常無核果である。自然界でもバナナパイナップルなどは単為結果し種子のない実をつけることがある(原種に近いものほど種子がみられる頻度が高い、また種子が大型のことが多い)。種なしブドウジベレリンを用いて、種なしスイカ三倍体植物を育成し、それぞれ人工的に種子のない果実を作った単為結果の例である。

種なしスイカ