南鄭県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 陝西省 南鄭県
簡体字 南郑
繁体字 南鄭
Nánzhèng
カタカナ転記 ナンヂェン
国家 中華人民共和国
陝西
地級市 漢中市
行政級別
面積
- 総面積 2,849 km²
人口
- 総人口(2004) 55 万人
経済
電話番号 0911
郵便番号 723100
ナンバープレート 陕F
行政区画代碼 610721
公式ウェブサイト http://www.nanzheng.gov.cn/

南鄭県(なんていけん)は、中華人民共和国陝西省漢中市

歴史[編集]

南鄭はには漢水上中流地区の重鎮とされ、戦国時代には南鄭県が設置されている。前451年により南鄭に城市が築かれてより漢中郡の中心地とされ、劉邦が漢王として南鄭に都城を設置、後漢末の五斗米道でも南鄭に政権が樹立された。

554年廃帝3年)、南鄭県は光義県と改称されたが、開皇初年に隋朝に再び南鄭県に改称されている。1958年末、南鄭県が廃止となり漢中市に一時編入されたが、1961年9月に再び南鄭県が設置され現在に至る。

行政区画[編集]

  • 鎮:城関鎮、聖水鎮、大河坎鎮、協税鎮、梁山鎮、陽春鎮、高台鎮、新集鎮、濂水鎮、黄官鎮、青樹鎮、紅廟鎮、牟家壩鎮、法鎮鎮、湘水鎮、小南海鎮、碑壩鎮、元壩鎮
  • 郷:胡家営郷、歇馬郷、郭灘郷、忍水郷、両河郷、塘口郷、喜神郷、高家嶺郷、西河郷、福成郷、白玉郷、魏家橋郷