南部諸民族州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南部諸民族州の位置

南部諸民族州アムハラ語: ደቡብ ብሔሮች ብሔረሰቦችና ሕዝቦች ክልል英語: Southern Nations, Nationalities, and People's Region)は、エチオピア南部の。人口約1500万人。州都はアワサ英語版。北西部をガンベラ州に、北部、東部をオロミア州に、南部をケニアに、西部を南スーダン共和国2011年7月9日スーダン南部が独立)に接する。1995年にエチオピアが各民族に州を割り当てた際、かつては独立していた各民族をひとつの州にまとめ、南部諸民族州が形成された。公用語は連邦の公用語であるアムハラ語となっている。

南部諸民族州には45の民族集団が暮らしている。最大の民族グループはシダマ人英語版(州人口の19.34%)であり、以下ワライタ人英語版(10.71%)、ハディア人英語版(8.02%)、グラゲ人(7.52%)、ガモ人(6.96%)、カフィチョ人フランス語版 (5.43%)、Silt'e (5.36%)となっている。

宗教的にはプロテスタントの55.5%、以下エチオピア正教の19.9%、イスラム教徒14.1%、伝統宗教6.6%、カトリック3%となっている。

関連項目[編集]