南西部地域 (西オーストラリア州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南西端の紫色の部分が南西部地域

南西部地域(South West region)はオーストラリア西オーストラリア州を9つに分けた地域区分のうちの1つ。同州の南西端に位置することにちなむ。西と南をインド洋に面し、北にピール地域と、北東部でウィートベルト地域と、東にグレート・サザン地域とそれぞれ接する。面積は23,970 km²、人口約123,000人。最大の都市はバンバリー

気候[編集]

南西部地域は地中海性気候(Cs)に属し、夏は乾燥する。冬は降水量が多くなり、900mmほどの年平均降水量のほとんどが5月から9月にかけての冬の季節に集中する。最高気温は、7月に平均16℃、2月には平均29℃まで上昇する。

経済[編集]

南西部地域の経済活動は多種多様である。ボーキサイト/アルミナの世界的な大産地であり、またワイン用のブドウをはじめとした農業や林業も盛んである。観光産業においては、パース市民の手近な行楽先として、州内で最も一般的である。

地方行政区分[編集]

南西部地域は、下記の地方自治体によって構成される。

  • オーガスタ=マーガレットリバー
  • ボイヤップブルック
  • ブリッジタウン=グリーンブッシュズ
  • バンバリー
  • バッセルトン
  • ケイプル
  • コーリー
  • ダーダナップ
  • ドニブルック=バリンガップ
  • ハーヴェイ
  • マンジマップ
  • ナナップ

外部リンク[編集]