南薫造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

南 薫造(みなみ くんぞう、1883年(明治16年)7月21日 - 1950年(昭和25年)1月6日)は、広島県賀茂郡内海町(現呉市安浦町)出身の画家

東京美術学校西洋画科出身。1907年〜1910年にかけて、イギリスで学ぶ。文展帝展新文展日展で活躍し、1932年から43年にかけては東京美術学校の教授を務めた。油画家、水彩画家として知られるが、版画の制作にも携わっていた。晩年は郷里の安浦町で暮らし、瀬戸内海を描き続けた。

略歴[編集]

代表作品[編集]

その他[編集]

  • 安浦町立内海小学校が出身校にあたる。
  • 1985年、呉市安浦町に『南薫造記念館(安浦歴史民族資料館)』が建設された。

外部リンク[編集]