南稚内駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南稚内駅
駅舎(2005年5月)
駅舎(2005年5月)
みなみわっかない - Minami-Wakkanai
W78 抜海 (11.7km)
(2.7km) 稚内 W80
所在地 北海道稚内市大黒1丁目8-1
駅番号 W79
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 宗谷本線
キロ程 256.7km(旭川起点)
電報略号 ミナ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
111人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1922年大正11年)11月1日
備考 社員配置駅
みどりの窓口 有
南稚内駅
みなみわっかない - Minami-Wakkanai
宇遠内 (2.1*km)
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 天北線
キロ程 148.9km(音威子府起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1943年昭和18年)11月1日
廃止年月日 1989年平成元年)4月30日
備考 *キロ程は実キロ(営業キロは最後まで設定されなかった)

南稚内駅(みなみわっかないえき)は、北海道稚内市大黒1丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線駅番号W79

第二次大戦後から天北線が廃止されるまでの間は日本最北の乗換駅[1]でもあった。特急「スーパー宗谷」「サロベツ」が停車する。

駅構造[編集]

2面3線の島式と単式の複合ホーム。列車は基本的に駅舎側の1番ホームに入り、2番ホームは回送列車を含む列車行き違いがあるときのみ使用される。現在は、当駅から終点の稚内駅線路終端まで棒線化されたため、稚内方面へは2列車以上進入できなくなった(1閉そく1列車)。また、転てつ器出発信号機場内信号機を設置する駅としては日本最北端となった。なお、稚内方にある遠方信号機は稚内駅が棒線化された際に設置された。ホーム間の移動は跨線橋を使う。

社員配置駅(稚内駅管理)。出札・改札業務は日中のみだが、入換作業などがあるため輸送担当社員は終日配置されている。みどりの窓口(営業時間は6時45分から18時10分まで)。

かつての配線[編集]

稚内駅として開業した当初は、現在地点よりも1 kmほど北に所在していた頭端駅であった。以下に1924年(大正13年)2月5日時点での配線図を示す。この時点では、浜頓別駅経由の後に天北線となる路線が宗谷本線であり、現在の宗谷本線である幌延駅経由の路線は未開通であった。幌延経由の路線の第一歩となる、天塩北線の稚内 - 兜沼間が開業したのは1924年6月25日のことであるが、この配線図では既に兜沼への線路も描かれている。

稚内駅1924年2月5日時点配線図
稚内駅1924年2月5日時点配線図
凡例
出典:[2]



1928年(昭和3年)12月26日に稚内港駅まで延長されると、この駅は頭端駅であったためスイッチバック構造となった。稚内駅に到着した列車は、一旦本線上へ退行した後に再び前進して稚内港駅への線路へ進んでいた。南稚内駅へ改称された後の1941年(昭和16年)3月時点の配線図を示す。

南稚内駅1941年2月時点配線図
南稚内駅1941年2月時点配線図
凡例
出典:[3]



1952年(昭和27年)11月6日付けで南へ1 kmほど移転してスイッチバックを解消した。これにより駅は現在地となった。1975年3月時点での配線図を示す。この時点では側線がまだ多数残存しているが、その後の貨物輸送の廃止などに伴い多くは撤去されている。

南稚内駅1975年3月時点配線図
南稚内駅1975年3月時点配線図
凡例
出典:[4]


旧・稚内機関区[編集]

1977年の稚内機関区と周囲約700m範囲。左上が稚内方面。扇型車庫と転車台。左上は稚内客貨車区。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

当駅と稚内駅の間にある車庫は稚内駅・幌延駅発着の車両を格納する車庫となっているが、かつては「稚内機関区」として利用されていた。現在は特急「スーパー宗谷」「サロベツ」の折り返しのための清掃および整備作業を行っている。この車庫は当駅から入線する形となっており、稚内駅到着後に一旦、当駅まで回送運転する。そのため当駅には終日運転扱いの駅員が配置されている。

旧・稚内機関区には運転士も配置されていたが、のち「稚内運転区」に改称された。稚内運転区では廃止された「稚内車掌区」の業務を引き継ぎ車掌業務も行っていたが、普通列車のワンマン化のため車掌業務は廃止された(現在、特急列車の車掌業務は旭川車掌所が担当)。その後、稚内運転区が南稚内駅に統合された際に運転士は「宗谷北線運輸営業所南稚内駅」所属となったのち、2004年3月改正で合理化のため宗谷北線運輸営業所(名寄)に統合された。

利用状況[編集]

  • 2011年度の1日平均乗車人員は111人である。
乗車人員推移
年度 1日平均人数
2005 122
2006 120
2007 120
2008 124
2009 120
2010 120
2011 111

駅周辺[編集]

かつては稚内市の郊外だったが、市街地の南・東地区への拡大と人口の移動に伴い、駅周辺に市街地の一部が存在している。大型商業施設(西條百貨店など)や郊外型の商業施設、ホテル、ファーストフード店などが多数立ち並んでいる。

交通[編集]

公共施設など[編集]

文教施設[編集]

主な商業施設[編集]

宿泊施設[編集]

歴史[編集]

稚内駅として建設中の様子
初代稚内駅の構内の様子
1977年の南稚内駅と周囲約700m範囲。左が稚内方面。国鉄型配線の2面3線と外側に2本の副本線、駅舎横名寄方面に貨物ホームと2本の引込み線を持つ。左上に稚内機関区の扇型車庫が見える。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

南稚内駅は、当初は旭川駅から北上してきた宗谷線の終点として稚内駅の名前で1922年(大正11年)11月1日に開業した。当初の宗谷線は、後に天北線となる浜頓別経由の路線で建設された。この駅は現在の南稚内駅がある場所からは約1 kmほど北に所在しており、現在の稚内港郵便局のあるあたりであった。稚内港郵便局の向かいにある「ホテル滝川」は、この駅開業以前から現在地で営業しており、駅がある頃は「滝川旅館」として駅前旅館の機能を持っていた。駅は頭端式で建設されており、駅構内には機関庫や客車の留置設備なども設けられていた。

翌1923年(大正12年)5月1日に、当時日本領であった樺太と結ぶ稚泊連絡船が開設された。こうして稚内駅は樺太と連絡するための重要な拠点となり、当時数少ない北海道内の急行列車は函館から稚内まで直通するようになった。高官の乗車などを考慮して、一等車も連結されていた。ただし稚泊連絡船の発着する場所までは駅から2 kmほど離れており、その間を旅客は徒歩、貨物は荷車で連絡しなければならなかった。埠頭には待合所が建設され、後にこの施設が稚内港駅へと発展することになった。なお、開設された1923年の8月宮沢賢治が当時樺太にあった王子製紙の工場に教え子の就職を斡旋するためにこの駅を利用している。

1924年(大正13年)6月25日に、天塩北線の兜沼 - 稚内間が開業した。さらに延長工事が進められて、1926年(大正15年)9月25日に幌延経由の現在の宗谷本線が開通した。これにより稚内駅は双方からのルートが合流する地点となった。そのまましばらくは浜頓別経由の線が宗谷線であったが、幌延経由の線の方が距離が短く勾配も少ないことから、1930年(昭和5年)4月1日付で線名が変更され、幌延経由が宗谷本線、浜頓別経由が北見線となった。

1928年(昭和3年)12月26日には、当駅から稚内港駅まで延伸された。この際には頭端駅であったためにそのまま延伸することができず、駅の手前のところから分岐させる形で稚内港まで延長された。このためにスイッチバック構造となり、稚内駅に到着した列車は一旦本線上まで退行し、進路を変更して前進していくことになった。稚内 - 稚内港間は1.5 マイルと設定されていたが、1930年(昭和5年)4月1日のメートル法移行時に、単純にkmに換算した2.4 kmにするのではなく1.2 kmとした。これは移転などによるものではなく、当初設定のマイルを修正したものであると考えられている。

1939年(昭和14年)2月1日に、南稚内駅へ改称し、従来の稚内港駅が稚内駅となった。

1928年の線路延長以後、スイッチバック形式での運転が続けられてきたが、その手間を解消するためと、稚内駅との距離が近すぎるということから、稚内市の都市計画との関係もあり、現在地点へ移転することになった。これにより1952年(昭和27年)11月6日付けで現在地に移転し、スイッチバックは解消された。このときに、南側の駅との間は営業キロが1 km短縮されたが、稚内駅との間は1.5 km増加している。これは実キロよりも長くなっており、廃止されたスイッチバックの往復分を誤って加算したのではないかとの推測があるが、現時点でも稚内までの営業キロは2.7 kmのままである。移転後の駅舎は当初はバラック建ての建物であったが、翌年に木造モルタル造りの駅舎が完成している。

年表[編集]

  • 1922年(大正11年)11月1日 - 国有鉄道稚内駅(初代)として開業する(一般駅)。稚内機関庫が設置される。
  • 1924年(大正13年)6月25日 - 天塩北線(→天塩線→宗谷本線)の兜沼 - 稚内間が開業する。
  • 1928年(昭和3年)12月26日 - 当駅 - 稚内港駅(現在の稚内駅)間の延伸開業に伴い、途中駅となる。
  • 1930年(昭和5年)4月1日 - 路線呼称が変更され、浜頓別駅方面が宗谷本線から北見線(→天北線)となる。メートル法施行時に、稚内港との営業距離を1.5 マイルから1.2 kmに修正する。
  • 1939年(昭和14年)2月1日 - 南稚内駅に改称する。
  • 1950年(昭和25年)2月1日 - 名寄客貨車区稚内支区が設置される。
  • 1952年(昭和27年)11月6日 - 駅舎が移転し、稚内市街地から宗谷本線・北見線の分岐点近くまで約1 km移動する。これに伴い、抜海との距離は12.7 kmから11.7 kmに、声問との距離は8.1 kmから7.1 kmに、稚内との距離は1.2 kmから2.7 kmに変更される。
  • 1953年(昭和28年) - 木造モルタル造りの駅舎が完成する。
  • 1961年(昭和36年)4月1日 - 路線呼称が変更され、北見線が天北線となる。
  • 1983年(昭和58年)4月1日 - 貨物取扱を廃止する。
  • 1985年(昭和60年)3月14日 - 荷物取扱を廃止する。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。
  • 1989年(平成元年)5月1日 - 天北線が廃止される。
  • 2004年(平成16年)3月13日 - 稚内駅の管理下となる。南稚内駅の運転士を宗谷北線営業所に統合する。
  • 2005年(平成17年) - 南稚内駅長が廃止され、稚内駅長管理となる。
  • 2011年(平成23年)3月31日 - キヨスクを閉鎖する[要出典]

隣の駅[編集]

※特急列車は列車記事を参照。

北海道旅客鉄道
宗谷本線
普通
抜海駅 (W78) - 南稚内駅 (W79) - 稚内駅 (W80)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 列車の乗り換えではなく、路線の乗り換えとして。現在は、網走駅(石北本線釧網本線)が該当。
  2. ^ 三宅 2005, p. 144
  3. ^ 三宅 2005, pp. 150-151
  4. ^ 三宅 2005, p. 152

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 南稚内駅(旭川支社管内駅紹介) - 北海道旅客鉄道