南悳祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

南 悳祐(ナム・ドクウ、1924年10月10日 - 2013年5月18日)は、大韓民国政治家、経済学者。

生涯[編集]

1924年に京畿道で誕生。国民大学校政治学科を卒業。

西江大学校教授を務めていた時、朴正煕大統領に招聘されて閣僚となり、財務部長官(1969年-1974年)、副総理兼経済企画院長官(1974年-1978年)を歴任。韓国の年間輸出額100億ドル達成(1977年)、1人当たり国内総生産1000ドル達成、米生産量4000万石達成に貢献した。また朴正熙大統領の輸出ドライブ政策を推進した。

1980年から1982年までは国務総理を務め、その後は韓日協力委員会会長を務めた。2009年5月には、皇居で旭日大綬章を授与[1]

2013年5月18日死去[2]。88歳没。

脚注[編集]

  1. ^ 韓日協力委員会の南悳祐会長、李承潤副会長が「旭日大綬章」を受章 日韓協力委員会
  2. ^ 南悳祐元首相が死去 MSN産経ニュース 2013年5月19日
公職
先代:
朴忠勲
(代理)
韓国の旗 大韓民国国務総理
1980年9月2日9月21日は代理)
第14代:1980 - 1982
次代:
劉彰順
先代:
太完善 (ko)
韓国の旗 大韓民国経済企画院長官
第22代:1974 - 1978
次代:
申鉉碻
先代:
黄鍾律
韓国の旗 大韓民国財務部長官
1969 - 1974
次代:
金龍煥