南安城駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南安城駅
駅舎と駅前ロータリー(2008年5月)
駅舎と駅前ロータリー(2008年5月)
みなみあんじょう - MINAMI ANJŌ
北安城 (1.4km)
(1.7km) 碧海古井
所在地 愛知県安城市安城町的場41-3
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 西尾線
キロ程 4.0km(新安城起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
3,962人/日
-2008年度-
開業年月日 1926年(大正15年)7月1日

南安城駅(みなみあんじょうえき)は、愛知県安城市安城町的場にある、名古屋鉄道西尾線である。

概要[編集]

名鉄の駅では安城市中心部に最も近い駅で、西尾線の全列車が停車する。

1926年大正15年)の碧海電気鉄道の開通にあわせて開業。1939年昭和14年)に東海道本線安城駅まで名鉄安城支線が開通したが、1961年(昭和36年)に廃止された。有人駅であったが、2007年平成19年)より無人化されている。

駅構造[編集]

6両編成対応の相対式2面2線ホームを持つ高架駅。以前は終日有人駅であったが、現在は駅集中管理システム(管理は西尾線新安城駅桜井駅を除き西尾駅)導入済の無人駅である。分岐器はスプリングポイントで列車は必ず左側通行となる。

車椅子対応のエレベーターが設置されていないため車椅子での利用者は前日の18時までに駅へ連絡し、当日に駅係員のチェアメイト(車いす用階段昇降機)による補助を受けて乗車する。

のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 西尾線 上り 新安城名古屋方面
2 西尾線 下り 西尾吉良吉田方面

配線図[編集]

南安城駅 構内配線略図

新安城・
名古屋方面
南安城駅 構内配線略図
西尾・
吉良吉田方面
凡例
出典:[1]



利用状況[編集]

愛知県の統計によれば、1日平均の乗車人員は、2006年度1,992人、2008年度1,969人。また、安城市の統計によれば、2008年度の1日乗降人員は3,962人である。西尾線の駅の中では、新安城駅、西尾駅に次いで多い。

駅周辺[編集]

南安城駅入口(2008年6月撮影)

西側にロータリーがあり、北西の安城駅方面に向かって商店街がのびている。一方、南には愛知県道48号岡崎刈谷線が通っている。

ロータリーにはあんくるバスのバス停が設置されている。また、知多バス中部国際空港連絡バスが朝夕の数便に限り、当駅まで延伸して運行している。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
西尾線
特急急行準急
新安城駅 - (一部の準急は北安城駅) - 南安城駅 - (一部の準急は碧海古井駅) - 桜井駅
普通
北安城駅 - 南安城駅 - 碧海古井駅
安城支線(廃止)
安城駅 - 南安城駅

脚注[編集]

  1. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]