かぐや姫 (フォークグループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かぐや姫
KAGUYAHIME
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル フォークソング
J-POP
活動期間 1970年 - 1975年
1978年
1980年
1985年
1999年 - 2001年
2005年
2006年
レーベル 日本クラウン
事務所 ユイ音楽工房
共同作業者 シュリークス

吉田拓郎
イルカ
石川鷹彦
木田高介
瀬尾一三
メンバー
南こうせつ
伊勢正三
山田パンダ
旧メンバー
森進一郎
大島三平

かぐや姫(かぐやひめ)は、1970年代に活躍したフォークグループ。

神田川」や「赤ちょうちん」、「」などのヒット曲に加え、「なごり雪」や「22才の別れ」といった作品も生み出した。メンバーは、リーダーの南こうせつ(ギター)、山田パンダ(ベース)、伊勢正三(ギター)の3人で、それぞれが作詞・作曲およびリードボーカルを担当する。

略歴[編集]

1970年 - 南こうせつ森進一郎大島三平の3人で『南高節とかぐや姫』(第1期かぐや姫)としてデビュー。代表作は「酔いどれかぐや姫」など。よみうりテレビ全日本歌謡選手権』にも出場し4週勝ち抜いたが次の週の挑戦を辞退(ちなみに4週目勝ち抜きの放送回で、無名のプロ歌手の三谷謙が10週勝ち抜きのグランドチャンピオンを達成。三谷は芸名を「五木ひろし」に改め「よこはま・たそがれ」で4度目のデビューを果たし成功を遂げた)。シングル3枚とアルバム1枚を残し、1年間の活動ののち解散。「酔いどれかぐや姫」「変調田原坂」はオリコン100位以内に食い込む。なお「酔いどれかぐや姫」は準レギュラーとして出演していた『桂三枝さかさまショー』(よみうりテレビ)の番組中またはエンディングで3人が十二単(じゅうにひとえ)姿で演奏していたものである。「変調田原坂」からグループ名が『南こうせつとかぐや姫』に変更された。理由は南高節が「なんこうぶし」と読まれたためという説が有力である。

1971年 - 高校の後輩だった伊勢とカレッジフォークグループ「シュリークス」を脱退したばかりの山田と共に『南こうせつとかぐや姫』(第2期かぐや姫)を結成。

1971年9月25日 - シングル「青春」で再デビュー。

1972年3月 - テレビアニメ「海のトリトン」(ABC)の主題歌として、シングル「海のトリトン」を『須藤リカ/南こうせつとかぐや姫』名義で発売。番組のオープニング(最初の6回まで)またはエンディング(7回以降)で、須藤リカとかぐや姫がこの曲を歌う実写映像が使われた。

1972年4月20日 - アルバム『はじめまして』発売。吉田拓郎らの協力を得て制作され、5万枚を売り上げる。

1973年9月 - シングル「神田川」を発売。深夜放送のリスナーから支持を得て、シングルカットされたこの曲は、最終的に160万枚を売り上げる自己最大のヒット曲となる。この年NHK紅白歌合戦に出場の話が来るが歌詞の中の『クレパス』が商標なので『クレヨン』に変更してくれといわれて拒否。このため出場を辞退した。「神田川」は後に東宝において映画化されるが、主役のイメージが歌と大きく違いすぎたと南こうせつは話している。

その次のシングルとして南こうせつが考えていたのは「22才の別れ」か「なごり雪」であったが、すでに映画化が決まっていたためレコード会社側が一方的に決めた「赤ちょうちん」をリリース(この曲からグループ名を「かぐや姫」に変更)。その後も映画化の話が絡み「」がシングルになるなど、アーティストの意思が無視されることが続き、それが原因で解散が早まったという[1]

1975年4月12日 - 東京神田共立講堂で行われた解散コンサートを最後に解散。南こうせつと山田パンダはソロ、伊勢正三はとして、音楽活動を継続する。最後の2枚組アルバム『かぐや姫フォーエバー』は、オリコンLPチャートのトップ100に186週ランクインを記録した。

1975年8月2日3日 - 再結成。吉田拓郎山本コウタローらとともに、静岡県掛川市で12時間のオールナイトコンサート「つま恋コンサート」を行い、5万人(警察発表では6万人)の観客を集める。南こうせつと山田パンダはソロ、伊勢正三は風としても出演。

1978年4月 - アルバム『かぐや姫・今日』を発売し、期間限定の再結成。

1978年5月 - 再結成コンサートを全国で行う。パンダの誕生日(5月13日)には横浜スタジアムで行われた。この時の模様は1985年に『the KAGUYAHIME "Live "forever』としてLP化され、95年にCD化されている。

1980年6月29日 - 「木田高介・阿部晴彦追悼コンサート」(日比谷野外音楽堂)で再結成。

1985年7月27日~28日 - 「吉田拓郎 ONE LAST NIGHT in つま恋」にて一夜限りの再結成。「人生は流行りステップ」・「僕の胸でおやすみ」・「なごり雪」を披露。

1999年8月8日 - 「南こうせつ サマーピクニック ドリーム」で再結成。これ以降、各自がソロ活動をしながらしばしば再結成することとなる。

1999年12月31日 - 同年のNHK紅白歌合戦に出演。「神田川」を披露。

2000年2001年 - 再結成コンサートツアー「ベスト・ドリーミン」を全国で行う。

2000年10月 - 新曲マキシシングル「青春の傷み」を発売。

2005年8月6日 - 戦後60年を記念して広島市で再結成コンサート「ヒロシマ60」を行う。

2006年8月 - 各メンバーの故郷である福岡県飯塚市(山田)と大分市(南・伊勢)で「ふるさとライブ」を行う。

2006年9月23日 - 吉田拓郎の呼びかけで再結成、静岡県掛川市で「吉田拓郎 & かぐや姫 Concert in つま恋 2006」を行う。9時間半のコンサートに、日本各地から35,000人のファンが集まった。

2013年 - 山田を除いた南と伊勢の二人で「ひめ風」としてコンサートを行う。

第1期かぐや姫ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

その他[編集]

レコード化はされていないが、出身地大分県のテレビ局OBS大分放送で放送される天気予報のジングルがある。スポンサーは地元酒造会社の八鹿酒造で、現在でも放送されており、大分県民には馴染み深い曲となっている。

第2期かぐや姫ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

かぐや姫解散コンサートで録音された声について[編集]

かぐや姫解散コンサートが行われた東京神田共立講堂

前日談 南こうせつが司会を務めていたラジオ番組に、難病にかかったファンの女の子からの葉書がきて、「コンサートに行く前に自分は死んでいるだろう」という内容のもので南こうせつは涙ながらに励ましたという。後日その子の友達という人から葉書が来て、死が告げられたという。

1975年4月12日東京神田共立講堂で行われた解散コンサートを録音した音源に「わたしにもきかせて」という声が入ったということが、別のラジオ番組での放送でコンサートの音源を流したことで噂された。また、その声を逆回転して再生すると「わたしもそこにいきたかった」と聞こえることで、難病にかかったファンの女の子と照らし合わされ話題になった。しかし『奇跡体験!アンビリバボー』で、前日談での女の子の話は嘘情報ということを取り上げられた。そしてその声は、ラジオでの葉書をモチーフにした悪戯とみなされている。現在はコラムニスト竹内義和がマスターを所有。

稲川淳二の怪談ライブDVD『生き人形』で、南こうせつがこのテープを聴いた時の様子が語られている。

脚注[編集]