卑金属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

卑金属 (ひきんぞく、base metal)とは、貴金属の対義語である。

古くは以外の金属全般を指していた。

化学的には、イオン化傾向水素より大きく(安定性が低い)、空気中で熱したりすると容易に酸化される金属を指す。アルカリ金属アルカリ土類金属アルミニウム亜鉛などがこれに属する。こちらの定義では、水銀は貴金属に分類される。

貿易では卑金属と貴金属の区別は関税に大きく影響するので、明確にしている。 卑金属は、鉄鋼、銅、アルミニウム、鉛、亜鉛、すず、タングステン、インジウム、モリブデン、クロム、ゲルマニウム、タンタル、マグネシウム、コバルト、カドミウム、チタン、ジルコニウム、バナジウム、ガリウム、アンチモン、マンガン、ニッケル、ベリリウム、ハフニウム、ニオブ、ビスマス、レニウム、タリウムが該当する。

ただし、銅については通常は卑金属とされるが、特性から貴金属として取り扱われる場合もある。

参考文献[編集]

  • 日本関税協会 web輸出統計品目表 第15部 卑金属及びその製品