出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(簡体字およびARIB外字)が含まれています詳細

(漢字)、(記号)(まんじ)とは、ヒンドゥー教仏教で用いられる、吉祥の印である。西洋では太陽十字からも発生した。 ヒンズー教では、シャクティをあらわすマントラである。

概要[編集]

サンスクリットस्वस्तिक(スヴァスティカ)または Śrīvatsa (シュリーヴァトゥサ)と呼ばれる。英語の swastika やフランス語の svastika もこのサンスクリット語に由来する。現在の日本語では「まんじ」は漢字「卍」の訓読みとされているが、由来は漢語「卍字」または「万字」の音読みである。

左卍と右卍()があり、日本では左卍が多く用いられている。漢字ではは卍の異体字である。

かつては洋の東西を問わず幸運のシンボルとして用いられていた。日本中国等の芸術において卍はしばしば繰り返すパターンの一部として見られる。日本では、寺院の象徴として地図記号にも「」として使用され、家紋の図案にも取り入れられている。まれに忍者を表す場合にも使われる。

歴史[編集]

最も古い卍は、新石器時代インドで見られる。一方、ドイツハインリッヒ・シュリーマントロイ遺跡の中で卍を発見し、卍を古代のインド・ヨーロッパ語族に共通の宗教的シンボルと見なした[1][2]。これが直接、ヨーロッパとなり、十字架の一表現となった。

ヒンドゥー教ではヴィシュヌ神の胸の旋毛(つむじ)、仏教では釈迦の胸の瑞相が由来で、左旋回の卍は和の元といわれ、右旋回のは、力の元といわれる。

漢字[編集]

中国には仏典を通して伝わり、音訳で「室利靺蹉」、意訳で「吉祥喜旋」、「吉祥海雲」などと漢訳された。鳩摩羅什玄奘はこれを「徳」で訳したが、北魏菩提流支十地経論のなかで「萬」(万)と訳している。武則天長寿 2 年(693年)、「卍」を「萬」と読むことが定められた。吉祥万徳の集まる所の意味である。これにより卍が漢字として使われることにもなったが、熟語(卍巴・卍果など)は少ない。この卍あるいはが変化した字が「」である。現代中国語では wàn と読む。

日本語でいう「まんじ」とは「万字」の意である。日本における訓読みは「まんじ」であり、音読みは慣用音の「マン」、漢音の「バン」、また、呉音の「モン」である[3]。漢字の「・萬」を代用する文字でもある。また、「卍山」で「かずやま」「まんざん」と読む[3]

日本[編集]

日本語の漢字表記では、「万字」または「卍字」「卍」と書く。

日本では、奈良時代薬師寺本尊である中尊の薬師如来の掌と足の裏に描かれたものが現存最古の例とされる。

卍を組み合わせた、紗綾形(さやがた)は安土桃山時代から輸入された織物に見られた文様で、染め物や陶磁器などに使用される(画像)。「卍崩し」「卍繋ぎ」「雷紋繋ぎ」ともいい、英語では key fret と呼ばれる。また、法隆寺など飛鳥時代から奈良時代の建築に見られる「卍崩しの組子」の組高欄(画像)は、を崩したものである。

家紋[編集]

卍紋万字紋(まんじもん)は、仏教の吉祥を表す紋として用いられる。形状から日本のキリシタンが十字架の代わりともした。

卍紋を家紋として用いた氏族としては、平安後期から鎌倉初期の武蔵七党筆頭(小野)横山氏が「丸に左万字」、戦国時代から江戸時代以降では、加賀八家横山家が「丸に左万字」、大名では大給松平家高木氏は「左万字」、津軽氏は「五つ割左万字」、蜂須賀氏は「丸に左万字」、江戸幕府家臣では、60 氏ほどが『寛政重修諸家譜』に掲載されている[4]幕末に活躍した吉田松陰の家紋は「五瓜に左万字」である。津軽氏の本拠であった青森県弘前市は卍紋を市章にしている。

地図記号[編集]

地図記号では「」と表記される。これは、卍の漢字を記号化したものが元になっている。

明治 13 年に決められた「佛閣」の記号として表記されたのが始まりである[5]

現在でも国土地理院が定めた地図記号として変わっていない。

文字コードには、最初電波産業会が定めた FM 文字放送の放送規格である ARIB STD-B3(FM 多重放送の運用上の標準規格)で ARIB外字の道路交通情報用の文字として、国土地理院地形図の表示形態と同一になる文字として導入された[6]。この記号は正式にARIB STD-B24(デジタル放送におけるデータ放送符号化方式と伝送方式)で定められた文字と対応している[7]。データ放送で使用されている文字を国際標準とするため Unicode に提案され、2010 年にUnicode 5.2 に ARIB 外字が対応するように定められ、U+0FD6 の「」(LEFT-FACING SVASTI SIGN) がこの文字に対応するとされた[8]。したがって、日本語のフォントの場合 U+0FD6 の文字は国土地理院の地図記号の形状にすることがよいとされる。

東アジア[編集]

素食専門店を表す卍マーク
台湾地図。卍は、寺院などの地図記号として使用されている。

台湾では台湾素食専門店を表すマークとして看板に表示した食堂、レストランを多くの街角にみることが出来る。

他には世界紅卍字会などでも使用された。

インド[編集]

交通安全の御祈祷を受けたインドの新車

インドにおいては卍は現在も吉祥の印として非常によく使われている。建物や機械の竣工式、新車の安全祈願などには、日本と同様神職(インドではバラモン祭司)が祭事を行うが、その時に吉祥の卍が水で溶いたサフラン色の顔料で描かれる(右写真参照)。祭事で卍を書く際には必ず右手の薬指が使われる。この模様は自然に消えるにまかせられ、清掃等で消さないよう配慮される。グジャラート州の結婚式では、で卍の形を描き、その上に椅子を置いて花婿が座る、という儀式が行われる。

ハーケンクロイツ[編集]

国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)が党章に採用したハーケンクロイツは、昔から西洋で使われていたが元となった。シュリーマンがインド・ヨーロッパ語族と(右まんじ)の関連を示したことで、アーリア人の象徴として選ばれたものである。

現在のヨーロッパにとって、はナチスの忌まわしいシンボルマークとして認識されている。右卍か左卍に関わらず、両方がほとんどのヨーロッパ諸国で法律によって使用が禁止されている[要出典]。特にドイツではハーケンクロイツの使用が完全に禁じられており、学術的な目的や、反ナチ意識高揚のための使用を除き、公の場で使用すると逮捕される[要出典]

そのため、ハーケンクロイツとよく似ている卍の使用もヨーロッパでは忌避されることがある。例えば、少林寺拳法は従来、盾卍をシンボルマークとしてきたが、ヨーロッパの一部の国では使用することができなかったため、世界で統一したマークを採用するために、2005 年 4 月に双円(ソーエン)という新マークを作成した[9]。また、2006年、徳島阿波踊りドイツで披露された際、浴衣の卍文様を自粛したこともある[10]徳島藩蜂須賀氏家紋が卍であったため、今でも阿波踊りでは卍をあしらった浴衣がよく見られる)。また、日本のアニメ漫画などがヨーロッパ圏に輸出されるときも、卍印が登場するシーンの絵が削除・抹消されることが多い。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+534D 1-50-36 卍
卍
統合漢字 534D
U+5350 - 卐
卐
統合漢字 5350
U+0FD5 - ࿕
࿕
RIGHT-FACING SVASTI SIGN
U+0FD6 - ࿖
࿖
LEFT-FACING SVASTI SIGN
寺院
U+0FD7 - ࿗
࿗
RIGHT-FACING SVASTI SIGN WITH DOTS
U+0FD8 - ࿘
࿘
LEFT-FACING SVASTI SIGN WITH DOTS

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Schliemann, Heinrich (1875), Troy and its remains, London: Murray, pp. 102, 119-120 
  2. ^ Boxer, Sarah (2000), “One of the world's great symbols strives for a comeback”, The New York Times, 2000-07-29, http://faluninfo.net/displayAnArticle.asp?ID=606 
  3. ^ a b 藤堂明保・松本昭・竹田晃・加納喜光 編 『漢字源』 学研教育出版、2011年、改訂第5版。ISBN 978-4-05-303101-3P.208
  4. ^ 高澤等著『家紋の事典』東京堂出版 2008年
  5. ^ 地図のQ&A Q23:「卍」の記号を、寺院として地図記号に使用するようになったのはいつ頃?
  6. ^ FM多重放送の運用上の標準規格
  7. ^ デジタル放送におけるデータ放送符号化方式と伝送方式
  8. ^ ARIB-Unicode Mapping Table
  9. ^ 少林寺拳法グループによる説明
  10. ^ 2006年の読売新聞記事の引用[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]