半家駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
半家駅
ホームと待合所(2010年)
ホームと待合所(2010年
はげ - Hage
G32 十川 (7.9km)
(3.8km) 江川崎 G34
所在地 日本の旗高知県四万十市西土佐半家
駅番号 G33
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 予土線
キロ程 38.9km(若井起点)
電報略号 ハケ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1974年昭和49年)3月1日
備考 無人駅
駅登り口より

半家駅(はげえき)は、高知県四万十市西土佐半家にある四国旅客鉄道(JR四国)予土線である。駅番号G33難読駅名の一つとして知られる。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線をもつ地上駅だが、ホームは高い位置にあり国道からは階段を上らねばならない。無人駅駅舎はない。ホームには待合室が設置されている。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
予土線
十川駅 (G32) - 半家駅 (G33) - 江川崎駅 (G34)

その他[編集]

  • 半家の名前の由来は、この地に住み着いた平家の落人が源氏方の追討を逃れるために「」の横線を移動させて「」にしたためと言われている。
  • 当駅名が、同じ予土線若井駅とセットで、クイズ番組の問題によくとりあげられる(クイズダービー等多数)
  • アニメ『サザエさん』にて、この地を訪れる話では波平が「はげ」の読みにショックを受ける場面がある[1]

脚注[編集]

  1. ^ サザエさん 作品No.3573「サザエさんの春休み 黒潮・皿鉢・四万十の旅」

関連項目[編集]