半化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

半化石(はんかせき)とは、時間の不足や化石化のための条件を満たしていないなどの理由で、化石化の過程の終了していないものを指す。準化石(じゅんかせき)ともいう。

中生代まで遡る半化石の発見は例外的なもので珍しく、通常は腐敗の進行中であり多くの論争の的である。大半は第四紀地層から発見される。

半化石が化石よりも重要な特長は、放射性炭素年代測定DNA蛋白質その他の抽出・配列決定に使える生体分子を含むということである。加えて同位元素比率から絶滅した動物の生息時の環境が分かる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]