千鳥屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

千鳥屋(ちどりや)は1630年寛永7年)、佐賀県で創業し、昭和以降福岡県などで発展した製菓業者グループである。

「千鳥屋」の生い立ちと概要[編集]

1630年(寛永7年)、現在の佐賀市久保田町で創業。創業当時の屋号は「松月堂」であり、長崎に渡来していた南蛮菓子の製法をいち早く学び、丸ボーロカステラを専門に作っていた。昭和になり、当時の店主であった原田政雄は、当時の筑豊炭田で賑わっていた福岡県の飯塚の地に着目、松月堂の支店として「千鳥屋」を開いた。1939年(昭和14年)には、佐賀の松月堂を閉じ、飯塚の千鳥屋を千鳥屋の本店とした。

福岡進出の際に考案された「千鳥饅頭」は、丸ボーロに白餡を入れた菓子で、現在まで千鳥屋の中心商品となっており、饅頭の表面に押してある特徴的な千鳥の焼印が特徴である。

1949年(昭和24年)には福岡市に進出。その後は関東・関西などに相次いで進出し、現在では全国区の土産菓子として定着している。

また、千鳥屋の代表的な菓子としては、「チロリアン」も有名である。戦後復興の中で、飯塚に次いで福岡に会社を設立していた千鳥屋による第1次洋菓子ブームを起こした。「チロリアン」はオーストリアチロル州に古くから伝わっていたロールクッキーをアレンジして作った洋菓子である。

法人形態[編集]

千鳥饅頭西新店(福岡市早良区・(株)千鳥饅頭総本舗が運営)

現在は、グループ中興の祖・亡き「原田つゆ」の子たちがそれぞれ暖簾分けを行い、法人として各々独立しており、出自を同じくする同根の企業ではあるものの、4社[1]に別々に分かれ、全国にて商品展開を行っている。 尚、全社とも原田一族が社長を務め、「千鳥饅頭」自体のブランドイメージに関しては大きな違いはないが、取り扱っている商品のラインアップについては、各社でそれぞれ違いがみられる。また、商品のパッケージ・商品内容・味・原材料についても、各社によって違いがみられる。

各社概要[編集]

  • 千鳥屋宗家株式会社
    兵庫県西宮市に本社を、大阪市中央区に本店を置く。「みたらし小餅」など、他の3社にはない独自の大阪に根付いた商品を展開している。尚、4社中、唯一「チロリアン」を製造・販売していない。[5]
  • 千鳥屋総本家株式会社
    東京都豊島区に本社を置く。主に関東地区を中心に展開しているが、北海道沖縄にも同社の店舗(あるいは、同社の姉妹店)が存在する。東京ディズニーランドのお土産用チョコレートは、現在も同園の人気商品となっている。尚、4社の中で、唯一黄味あん入りの「千鳥饅頭」も製造・販売している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ それぞれの子会社などは除く。
  2. ^ 千鳥饅頭総本舗の商品そのものは、千鳥饅頭総本舗の店舗が存在しない地域である北九州市のJR小倉駅(例:新幹線コンコース内の売店)などの一部の店舗でも販売されており、入手が可能。
  3. ^ 1968年(昭和43年)にチロル高原にて撮影された「チロリアン」CM等は、同社の公式サイトにて視聴できる。
  4. ^ 特に福岡市内・久留米市内・大牟田市内等においては、前述の千鳥饅頭総本舗の店舗と混在して存在するため、両者の混同に注意が必要である。
  5. ^ 現在朝日放送ABCニュース枠(9時前・水曜)にて各社扱い(30秒CM付き)で提供している。

外部リンク[編集]