千花模様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1495年から1505年ごろ、ユニコーンを描いたタペストリー
1500ごろ、受胎告知を描いた写本

千花模様(せんかもよう、ミルフルール、万華模様、千花文、Mille-fleur)は、複雑で小さな植物が一面に広がる模様のこと。花や植物の間には、小動物や鳥たちも隠れている。草花の種類は、毒消しのために使われる薬草や、イエス・キリストや聖母マリアを象徴する花、忠義・貞節などを意味する花などが選ばれている。

この模様は中世ヨーロッパでは一般的な模様で、応用芸術、特に15世紀フランス16世紀フランドルタペストリーの背景に頻繁に用いられた。代表的な作例には、『貴婦人と一角獣』(パリ、クリュニー美術館所蔵)などがあげられる。

外部リンク[編集]