千枚岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千枚岩

千枚岩(せんまいがん、phyllite)は、変成度が粘板岩結晶片岩(片岩)との中間の変成岩(広域変成岩)。広域変成作用における変化度の最も低い変成岩で、微粒な再結晶は認められる。灰緑または灰褐色の絹糸光沢を有し、薄い葉片状にはげやすい。

主成分は石英絹雲母黒雲母緑泥石など。

質のものは泥質千枚岩(pelitic phyllite)、質ものは砂質千枚岩(psammitic phyllite)と呼ばれる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]