千本倖生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

千本 倖生(せんもと さちお、1942年9月9日[1] - )は、日本の実業家。イー・アクセス株式会社(現在のワイモバイル株式会社)の創業者で、2014年3月まで同社取締役名誉会長を務めた[2]

人物[編集]

日本の通信事業界の開拓者として知られる。大学院修了後、日本電信電話公社(現在のNTT)に入社する。42歳のときに部下数千人を抱える部長職を最後に退社、大阪のコーヒーバーで稲盛和夫に電電公社に対抗する新しい通信事業会社の構想を説き、1984年、稲盛と共同で第二電電株式会社(DDI、現在のKDDI)を創業する[3]。DDIでは通信自由化により専用線事業、市外電話事業を興し、続いて携帯電話事業(DDIセルラー、現在のau)、PHS事業(DDIポケット、ウィルコム→イー・アクセスへの吸収を経て現在のワイモバイル)を立ち上げ、軌道に乗せる。DDIが成長するに従い、自分自身の周囲に「壁のようなもの」ができたように感じるようになり、同社を退社、1996年から慶應義塾大学大学院で教鞭を執った[3]

1990年代後半にインターネットが急速に普及し始めたことから、その可能性に賭け、1999年ADSLの回線卸を業とするイー・アクセスを創業。この頃からソフトバンク孫正義をライバルとして意識するようになる[3]。2004年には当時の最速記録となる創業5年での東証1部上場を達成[4]2005年には、新規参入の携帯電話会社イー・モバイルを創業(2011年には親会社のイー・アクセスに吸収)、データ通信を中心とした契約プランで契約数を伸ばす。

2012年10月、株式交換によりイー・アクセスはソフトバンクの完全子会社となることを発表[5]日本経済新聞のインタビューの中で、千本はKDDIからも同様の提案があったことを明らかにした上で、長年のライバルである孫正義のiPhone 5に懸ける情熱に圧倒され、従業員や株主へのフォローが約束されたことから、交渉開始から約10日でソフトバンクへの売却を決断した、と述べた[6]

略歴[編集]

編著書[編集]

  • (末松千尋と共著)『ネットワーク型ベンチャー経営論―シリコンバレー「知識核融合」のメカニズム』(ダイヤモンド社、1997年)
  • 『「やりがい」の変革―自分を高める本物の人間力とは』(青春出版社、1997年)
  • 『「報われない努力」はない―「絶対成功しない」と言われたときが、最大のチャンスである 』(ごま書房、1998年)
  • 『千本倖生のMBA式会社のつくり方―新ビジネス成功のノウハウ』(PHP研究所、2000年)
  • 『会社をやめて会社をつくる―無理しない、赤字を出さない起業法』(光文社、2000年)
  • (千本監修、イー・アクセス著)『手にとるようにADSLのことがわかる本―最も身近なブロードバンドはこれだ!』(かんき出版、2001年)
  • 『ブロードバンド革命への道―DDI、イー・アクセスの挑戦』(経済界、2002年)
  • 『挑戦する経営―千本倖生の起業哲学』(経済界、2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 第13期有価証券報告書 (PDF) (イー・アクセス株式会社、2012年10月2日閲覧)
  2. ^ a b イーアクセス株式会社 (2014年2月28日). “取締役の辞任に関するお知らせ”. 2014年5月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g イー・モバイル会長・千本倖生氏―世界に通ずるアントレプレナーシップとは(グロービス2009年1月20日付記事、2012年10月2日閲覧)
  4. ^ 千本倖生氏インタビュー「ADSLはまだこれから伸びる 携帯電話新規参入に決意」(月刊テレコミュニケーション2005年1月号、2012年10月2日閲覧)
  5. ^ ソフトバンク株式会社による株式交換を通じてのイー・アクセス株式会社の完全子会社化に関するお知らせ 兼 ソフトバンクモバイル株式会社とイー・アクセス株式会社の業務提携のお知らせ (PDF) (イー・アクセス株式会社2012年10月1日付プレスリリース、同年10月2日閲覧)
  6. ^ “決め手は「iPhoneへの孫氏の熱意」 イー・アクセス会長が語る”. 日本経済新聞. (2012年10月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0200N_S2A001C1000000/ 2012年10月2日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h プロフィール(イー・アクセス株式会社、2012年10月2日閲覧)

関連人物[編集]