千山山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

千山山脈(せんざんさんみゃく、中国語簡体字千山山脉)は中国北朝鮮の国境の長白山がある長白山脈の支脈で、吉林省から西へ遼寧省へ入り、遼陽市から南西へ向かい、鞍山市の千山を経て、大連市にまで達する山脈である。

概要[編集]

千山山脈は中国北朝鮮の国境の長白山がある長白山脈の支脈で、吉林省に始まり、西へ遼寧省へ入る。遼陽市から遼東半島を南西へ向かい、鞍山市の千山を経て、大連市にまで達する山脈である。

山脈内には、高句麗女真族満州族の史跡が多い。

地理[編集]

おもに片麻岩、花崗岩、石灰岩から成り、侵食が大分進んでいる。

全体的に海抜1000メートル前後の山が多いが、遼寧省南部では、平坦地のところどころに山塊があるような状態になり、「遼東丘陵」ともよばfれる。

植物・動物[編集]

おもに針葉樹だが、広葉樹もあり、本渓市の関門山風景区などに紅葉の名所もある。吉林省では、クマシカなどが多い。

おもな山[編集]


参照項目[編集]

外部リンク[編集]