千代田湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千代田湖
Lake Chiyoda.JPG
所在地 山梨県甲府市下帯那町
位置 北緯35度42分20秒
東経138度33分14秒
河川 富士川水系、荒川 左支、帯那川
ダム湖 丸山貯水池
(通称:千代田湖)
ダム諸元
ダム型式 アースダム
有効貯水容量 1,450,000 m³
利用目的 かんがい
事業主体 山梨県
着工年/竣工年 1937年/1937年
備考 かんがい面積: 1,600ha
テンプレートを表示

千代田湖(ちよだこ)は、山梨県甲府市の北西部にある。面積約247.5平方メートルの農業灌漑用人造湖で、湖面標高は550メートル。正式名称は丸山貯水池

ヘラブナ釣りのメッカとして知られている。

歴史[編集]

千代田湖の空中写真(1975年撮影)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

建設[編集]

現在の千代田湖がある地点は、もともと荒川の支流、帯那(おびな)川沿いの水田が広がる谷間であったが、1937年(昭和12年)に県営農業利水(灌漑)改良事業として帯那川を堰き止め建設された。下流域の甲府盆地に広がる水田約1,600ヘクタールを潤している。湖畔沿いに一周2.5kmの舗装道路が整備されている。

観光[編集]

甲府市街と昇仙峡の中間に位置することから、交通の便も良く、ボート遊び、釣りなど市民の憩いの場となっており、特にヘラブナ釣り愛好家にはよく知られた湖である。

付近には県立森林公園(武田の杜・健康の森)など森林浴が楽しめる遊歩道も整備されており、秩父多摩甲斐国立公園の最南部に位置している。また湖畔に近い和田峠は甲府の夜景を眺める展望スポットである。

関連項目[編集]