十輪院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
十輪院
Jurinin Nara02n4592.jpg
所在地 奈良県奈良市十輪院町27
位置 北緯34度40分34.6秒
東経135度49分59.5秒
座標: 北緯34度40分34.6秒 東経135度49分59.5秒
山号 雨宝山
宗派 真言宗醍醐派
本尊 地蔵菩薩
創建年 (伝)弘安6年(1283年
開基 (伝)朝野魚養元正天皇(勅願)
札所等 文化財 = 本堂(国宝)
南門、石仏龕(重要文化財)
御影堂、絹本著色阿弥陀浄土図(奈良県指定文化財)
テンプレートを表示

十輪院(じゅうりんいん)は、奈良県奈良市十輪院町にある真言宗醍醐派の寺院である。山号は雨宝山。本尊は石造の地蔵菩薩。開基(創立者)は朝野魚養(あさののなかい)と伝える。江戸・明治期の町並みが残る奈良町の一角に位置する。

歴史[編集]

元は大寺院だった元興寺の別院とされ、寺伝によると奈良時代に右大臣・吉備真備の長男である朝野魚養(あさのなかい)が、元正天皇の旧殿を拝領し創建したと伝わる。中世以降は庶民の地蔵信仰の寺として栄えた。朝野魚養は能書(書道の名人)とされ、空海の書の師ともいうが、伝記のはっきりしない人物である。十輪院については、『大和名所記(和州旧跡幽考)』のような近世の地誌類には弘法大師(空海)の創建とも伝え、創建の正確な時期や事情については不明である。

「十輪院」の名称の文献上の初見は、鎌倉時代の仏教説話集『沙石集』(弘安6年・1283年成立)とされている。現存する本堂、石仏龕(せきぶつがん)、東京へ移築された宝蔵などはいずれも正確な年代は不明ながら鎌倉時代のものとされており、鎌倉時代には地蔵信仰の寺院として栄えていたと思われる。

建造物[編集]

  • 本堂(国宝)-背後の覆堂内に安置された石仏龕を拝むための礼堂として建立された鎌倉時代の住宅風仏堂。寄棟造、本瓦葺き。建物全体の立ちが低く、正面は広縁の奥に蔀戸(しとみど)を設け、全体として住宅風の意匠になる。軒裏に垂木(たるき)を用いず板軒とする点も一般の仏堂建築と異なる特色である。
  • 御影堂(奈良県指定文化財) - 1650年慶安3年、江戸時代)の建築
  • 護摩堂
  • 南門(重要文化財)- 切妻造・本瓦葺の四脚門。四脚門、鎌倉時代建築

なお、東京国立博物館構内にある「旧十輪院宝蔵」(重要文化財)は、元この寺にあり、明治15年(1882年)に東京へ移築されたものである。小規模な校倉造倉庫で、鎌倉時代の建築である。

文化財[編集]

国宝[編集]

  • 本堂 - 既述

重要文化財[編集]

  • 南門
  • 石仏龕(附:覆堂)-全て花崗岩の切石を用いた日本では非常に珍しい石仏龕。間口3メートル、奥行2.5メートル、高さ2.3メートルの規模で、地蔵菩薩立像を中心に、その手前左右の壁面に冥界の十王像、その手前左右には弥勒菩薩釈迦如来不動明王観音菩薩を表し、さらに外側には五輪塔持国天多聞天金剛力士(仁王)などの像を表す。地蔵菩薩像は鎌倉時代前期頃、他の諸像はやや時代が降るとされている。なお、この石仏龕は「彫刻」ではなく「建造物」として重要文化財に指定されている。
  • 木造不動明王二童子立像 - 護摩堂安置。平安時代後期。

奈良県指定文化財[編集]

  • 御影堂
  • 絹本著色阿弥陀浄土図(伝智光曼荼羅)

備考[編集]

河島英五の墓はここにある。

アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]