十文字美信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
じゅうもんじ びしん
十文字美信
生誕 1947年3月4日
神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
出身校 神奈川県立神奈川工業高等学校
公式サイト
十文字美信
テンプレートを表示

十文字美信(じゅうもんじ びしん、1947年3月4日 - )は日本の写真家CMクリエイター神奈川県横浜市出身。1970年代から、広告写真を手がけながら並行して作品集発表を行っている。多摩美術大学教授。

来歴[編集]

1965年神奈川県立神奈川工業高等学校木材工芸科を卒業し、神奈川県立工業試験所に就職。

1968年、試験所を辞め、写真家を志す。東京綜合写真専門学校に入学するも、2ヶ月で退学。六本木スタジオで働き始め、ライティング(照明技術)を学ぶ。

1969年、22歳の時に、篠山紀信のアシスタントになる。

1971年、アシスタントを辞め、フリーの写真家になる。アシスタント時代に培った人脈から、ファッション誌や週刊誌の撮影仕事に携わる。

1974年、処女作品集の「Untitled」がニュー・ジャパニーズ・フォトグラフィ展(ニューヨーク近代美術館主催)に招待出品されて、脚光を浴びる。

2004年多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科教授に就任。

2008年、プロ用のフィルムカメラではないデジタル一眼レフカメラキヤノン EOS 5D Mark II」の動画撮影機能を用いて、処女作「彼岸花」、ショートフィルム「さくら」を、キヤノン EOS 7Dを用いて「おわら風の盆」を発表する[1]

2010年4月、自身がオーナーを務めるギャラリー「GALLERY B」を、鎌倉に開館した。

主な作品集[編集]

  • 1981年、「蘭の舟」(冬樹社) - ハワイの日系人
  • 1987年、「澄み透った闇」(春秋社) - ヤオ族[2]
  • 1990年、「黄金風天人」(小学館) - 5年かけて黄金の美術品(国宝33点、重文63点など総数122点)を撮影
  • 2002年、「わび」(淡交社)

主な受賞[編集]

広告写真
  • 1973年、ADC会員賞 - 資生堂「シフォネット」雑誌広告
  • 1993年、ADC最高賞 - 富士写真フイルム「フジカラー写ルンです」CF
  • 2009年、準朝日広告賞 - 資生堂「エリクシールプリオール」

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]