十三大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
十三大橋
十三大橋
所在地 日本の旗 日本
大阪府大阪市北区 - 淀川区
淀川
長さ 681.24m
最大支間長 64.0m
20.0m
形式 鋼タイドアーチ、ゲルバー式鋼板桁
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
国道176号標識

十三大橋(じゅうそうおおはし、Juso Ohashi Bridge)は一級河川淀川にかかるアーチ橋であり、大阪市北区中津(南岸)と同市淀川区新北野(北岸)を結んでいる。橋の中央部に路面電車を敷設することが可能な設計になっている。親柱のたもとに歯車をモチーフとした欄干など時代を色濃く反映した意匠などが残っている。現在、北行き片側1車線(新十三大橋がこれを補完している)、南行き片側3車線、および歩行者道が設定されている。

概要[編集]

欄干部

歴史[編集]

  • 1878年 初代十三橋が完成。中津川に木橋での架橋、成小路村13人の共同経営の私設橋として竣工。
  • 1909年 5月 新淀川開削で鉄橋で2代十三橋が完成。
  • 1932年 1月 現在の十三大橋が完成。
  • 1967年 十三大橋の迂回路である十三バイパスが完成

道路名[編集]

周辺情報[編集]

位置情報[編集]

交通機関[編集]

鉄道

バス

  • 大阪市営バス阪急バス 中津六丁目 および 十三停留所。
    • 市バス39・41・43・69・92・97の各系統、阪急バス加島線(18系統)・阪北線(11・13・63系統)が当橋を通行する。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]