十一音節詩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

十一音節詩・詩句・詩行(じゅういちおんせつ-し・しく・しぎょう)は詩形だが、異なる2つのものがある。

  1. Endecasillaboイタリア語)/Hendecasyllable英語) - ダンテ神曲』などイタリア詩に多く使われる詩形。
  2. Hendecasyllabiラテン語)/Hendecasyllabic(英語) - カトゥルスの使った韻律

Endecasillabo[編集]

Endecasillabo は、10番目の音節に最後の強勢(アクセント)を持つことによって定義される。よく起こることだが、この強勢で音節がこぼれて、詩行は文字通り「11の音節」を持つことになる。

最もよく使われるのは次の2つである。

  • 6番目と10番目の音節に強勢を置く構成(6a-10a)
Nel mezzo del cammin di nostra vita
(ダンテ『神曲』地獄篇1.1)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
Nel mez zo del cam min di nos tra vi ta
  • 4番目、7番目、10番目の音節に強勢を置く構成(4a-7a-10a)
ch’io mi sia tardi al soccorso levata
(ダンテ『神曲』地獄篇II.65)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
ch’io mi sia ta rdi socc o rso lev a ta

イタリアの古典詩の多くはEndecasillaboで作られている。たとえば、ダンテ、ペトラルカルドヴィーコ・アリオストトルクァート・タッソの主要作品がそうである。しかし、押韻構成は様々である、テルツァ・リーマからオッターヴァ・リーマに、ソネットからカンツォーネに、1800年以降の詩では、Endecasillaboは厳格な体系を持たず、押韻もあるかないかだった。ジャコモ・レオパルディの『カンティ』がその好例で、この「Endecasillabi sciolti(自由十一音節詩)」は英語詩のブランクヴァースに似たものである。

イタリア語詩におけるEndecasillaboに相当するものは、英語詩では弱強五歩格、フランス語詩ではアレクサンドランである。

英語詩でのEndecasillaboには、ジョン・キーツの『エンディミオン(Endymion)』がある。冒頭の「A thing of beauty is a joy for ever」でいえば、「ever」が11番目の音節になる。

Hendecasyllabi[編集]

カトゥルスの使ったHendecasyllabiは、強勢ではなく、韻脚の音量、つまり母音の長短によるもので、毎行11の音節を繰り返すリズム・パターンを持っている。(「-」は長音節、「u」は短音節)

- - / - u u / - u / - u / - u(スポンデイオス/ダクテュロス/トロカイオス/トロカイオス/トロカイオス)

最初の音節はスポンデイオス(- -)が常だが、時にはイアンボス(u -)になることもある。最後の音節がスポンデイオスになることもある。

サッポー詩体では、次のパターンになる。

- u / - u / - u u / - u / - -

2番目の音節はスポンデイオスになることもある。

英語詩では音節の長短はなく、アクセントの強弱になるが、アルフレッド・テニスンアルジャーノン・チャールズ・スウィンバーンがこの詩形で詩を書いた。次のテニスンの詩は、さらに音節の長短も維持している。

O you chorus of indolent reviewers,
Irresponsible, indolent reviewers,
Look, I come to the test, a tiny poem
All composed in a metre of Catullus...
(テニスン『Hendecasyllabics』)

参考文献[編集]

Endecasillabo[編集]

  • Raffaele Spongano, Nozioni ed esempi di metrica italiana, Bologna, R. Pàtron, 1966
  • Angelo Marchese, Dizionario di retorica e di stilistica, Milano, Mondadori, 1978
  • Mario Pazzaglia, Manuale di metrica italiana, Firenze, Sansoni, 1990