十の災い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

十の災い(とおのわざわい)とは、古代エジプトで奴隷状態にあったイスラエル人を救出するため、エジプトに対して神がもたらしたとされる十種類の災害のことである。出エジプト記に記載されており、詳細は以下の通り。

"エジプト第七の災い", ジョン・マーティン, 1824年
  1. 水をに変える(7:14-25)
  2. を放つ(8:1-15)
  3. ぶよを放つ(8:16-19)
  4. を放つ(8:20-32)
  5. 疫病を流行らせる(9:1-7)
  6. 腫れ物を生じさせる(9:8-12)
  7. を降らせる(9:13-35)
  8. を放つ(10:1-20)
  9. 暗闇でエジプトを覆う(10:21-29)
  10. 長子を皆殺しする(11章、12:29-33)

関連項目[編集]

  • 過越 - 出エジプト記 12:1-28
  • リーピング - 十の災いをテーマにしたアメリカの映画