医薬品開発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

前臨床開発 はリード化合物の段階から臨床試験を行うために必要な検証を完了するまでである。一般に、医薬品開発と言えば、前臨床(動物実験)から実際に人に投与して有効性と安全性を確認する臨床試験までを含める。

ニューケミカルエンティティ (NCE) 開発[編集]

ニューケミカルエンティティ[1](NCE) は 創薬研究で見出された化合物である。この段階におけるNCEは疾病において重要と考えられている生物学的標的に対して活性を有すると思われているが、ヒトにおいてそのNCEが毒性, 薬物動力学[2]代謝など、安全性についての知見はそのいくらかが知られているにすぎない 。医薬品開発において、ヒトでの臨床試験に先立って成す事は、これら安全性に関する全ての指標を見極めることである。それ以上に重要な目標はNCEが最初の臨床試験 (「第I相試験」[3]).で使用される際に推奨される用量や投薬間隔を決めることである。

加えて、医薬品開発ではNCEの化学的純度、安定性、溶解性などの物理化学的性質を明確にすることも求められる。この過程において化学物質は様々な製法上の最適化を施される。たとえば創薬段階で合成化学者が実験台でミリグラム規模で合成したものは、医薬品として生産する場面では キログラムトン単位で製造される。さらにカプセル剤, 錠剤, スプレー剤, 筋内注射、皮下注射あるいは点滴静脈注射などの製剤された状態での安定性試験が施される。この一連の過程は前臨床開発ではCMC〈Chemistry, Manufacturing and Control.〉と呼ばれている。

医薬品開発はいくつもの観点、それは法規制[4]や新薬承認審査の基準で安全性について検証される。一般には、ヒトでの臨床試験に先立って新規化合物の主要な毒性を見極めるために、幾つもの検査や試験が計画される。主要な臓器に対する毒性(心臓、肺、脳、腎、消化管に対する影響)を見積もることが法律により求められている。それと同様に他の組織(たとえば投薬により皮膚に分布するのであれば皮膚)に対しても薬剤がどのような影響があるかも見積もられる。これらの試験は In vitro試験 (たとえば培養細胞に対する試験)でも行われるが、いくつかの試験は動物実験で行われる。そして、複雑な代謝や薬剤にさらされた際の毒性は直接臓器にたいして試験を実施することもある。

臨床試験が始まるまで、NCEに関する医薬品開発のプロセスは停止しない。新薬候補が第I相試験に移る為に、更なる試験が要求される。たとえば、長期毒性、遺伝毒性が無い保障は重要である。同様にそれより前には調査しなかった生体システム〈周産期、生殖器、免疫〉なども同様に試験される。化合物はがんを引き起こさないことも試験される〈発がん性試験〉。

化合物がこれらの試験に対して毒性や安全性の特性について受け入れ可能な成績であり、臨床試験において期待される効果を示すことが認められるならは、それを販売する様々な国で販売承認申請の手続きがなされる。アメリカではこの段階を NDA[5]と呼ぶが、多くのNCEはこの段階で医薬品開発を中止している[6]。その理由は受け入れられない毒性が見つかったり、単回投与の臨床試験で効果が認められなかったりである。

医薬品開発プロセスは非常に高価である為、NCEを先に進める新しい方法を発見することは重要になる。1つの方法論は他の段階で要求されて実施された実験結果を掌握して、有効性を予測することである。創薬活動の早期段階で、評価手法の進歩や、実験方法やそれをルーチン化することが取り込まれている。技術進歩、実験手法、ルーチン化というモデルは新しい医薬品開発の手段として実践され、日々付け加えられている。そしてこのモデルは適切に実施しうる社内外の施設を使って適正化されている。

費用[編集]

2003年の調査が公開され、税引き前の平均で80億ドルが新薬(NCEも含んでいる)を上市するのに費やされている。[7][8]

2006年の調査に公開された予測では治験や開発の費用は50億ドルから200億ドルに達するとされている[9]

この数値は新薬に関する(上市薬とNECを合わせてBCE、あるいはNew Active Substance;NASと呼ばれる)ものである。毎年、世界中で、約26もの新薬が上市される(2005年: 26, 2004年: 24, 2003年: 26, 2002年: 28).この種の新薬(ピカ新)についての開発費用は幾千もある他の薬に比べれば小さいものである。ピカ新を含んだ医薬品開発の全費用は80億ドルであり、その中には40億ドルの機会費用が含まれる。.

アメリカの消費者団体Public Citizen[10]はWebサイトで、実際の費用は20億ドルで、そのうちFDAが要求する臨床試験におよそ29%が使用されると示している。[11]

日本の団体が調べたものだと、製薬協のデータがあり、日本の製薬企業のうち売上高上位10社の平均研究開発費用は、2002年で588億円、2010年では1,262億円、という概算となった [12]

註・出典[編集]

  1. ^ 直訳すると「新規化学物質」。この直訳は日本語として周知されていないので本稿では使用しない。w:en:New chemical entity
  2. ^ w:en:pharmacokinetics
  3. ^ w:en:first-in-man study FIM
  4. ^ 日本国では「医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施基準に関する省令」、「医薬品の臨床実験の実施基準に関する省令」、「医薬品の臨床実験の実施基準に関する省令の一部を改正する省令」などが相当する。w:en:regulatory requirement
  5. ^ w:en:New Drug Application
  6. ^ 製薬会社は詳細な統計を示さないが2/3以上は中止となると言われている
  7. ^ DiMasi J, "The value of improving the productivity of the drug development process: faster times and better decisions",Pharmacoeconomics, 20 Suppl 3, pp=1-10. pmid=12457421(英語)
  8. ^ DiMasi J, Hansen R, Grabowski H, "The price of innovation: new estimates of drug development costs", 'J Health Econ , 22(2), pp=151-85 (2003). pmid=12606142.
  9. ^ Adams C, Brantner V, "Estimating the cost of new drug development: is it really 802 million dollars?",Health Aff (Millwood), 25(2), pp=420-8, pmid=16522582(英語)
  10. ^ w:en;Public Citizen
  11. ^ Critique of the DiMasi/Tufts Methodology and Other Key Prescription Drug R&D IssuesPublic Citizen (英語)
  12. ^ 日本の製薬産業-その規模と研究開発力- 製薬協ガイド2012-2013 日本製薬工業協会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]