医局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
  1. 医局とは医師歯科医師の執務室、控室のことを指す。
  2. ここから転じて、大学医学部歯学部の附属病院での診療科ごとの、教授を頂点とした人事組織のことを医局と呼ぶ。日本国のみに存在する医師の私的団体。1.との区別のため、明示的に「大学医局」ともいう。本項で詳述、講座制も参照。

医局(いきょく)とは、主に大学医学部歯学部病院等においての各「研究室」、「診療科」、「教室」ごとのグループ組織のこと。

大学病院内だけの組織だけでなく、大学病院を頂点として関連病院等も含めた一大グループ組織であることが多い。

構成[編集]

医局を構成する医局員[編集]

ここでは、医師の免許を受けている者だけに限定した。

大学病院に属する医局員

  • 教授
    • 主任教授
    • 教授
    • 特任教授
    • 客員教授
    • 診療教授
    • 研究教授
    • 教育教授
    • 病院(院内)教授(院内だけの取り決めによりこの地位を設定する、以下同)
  • 准教授助教授
    • 准教授
    • 特任准教授
    • 客員准教授
    • 病院(院内)准教授
  • 講師
    • 講師
    • 特任講師
    • (兼任講師)
    • 病院(院内)講師
  • 助教
    • 助教
    • 特任助教
    • 病院(院内)助教
  • 一般的な大学内・大学病院内の医局員
    • 常勤医(助手の職位を持つ者)
    • 常勤医
    • 非常勤医(給与が時給または日給で計算される者)
  • 大学院生博士課程生)
  • 専門研修医
    • 後期専門研修医(近年、医局制度を嫌う若い世代のため、いわゆる「入局」をせずとも、大学での「研修」を行うプログラムを組むシステムが組まれつつあり、これを実行している臨床科の若年人員に対する訴求力が増している、以下、同)
    • 初期専門研修医
  • 臨床研修医(一般的に医師の免許を受けたばかりの者)

教授、准教授、講師、助教らの学校教員は、1)その研究能力、教育技能、臨床実地能力など「表」の要因でその職に任官する場合と、2)「医局」における政治力・人間関係などの「裏」の要因によって選任される場合がある。日本において、ある医学部大学教員がその大学卒業生で占められているのは、この2)の要因に追う所が大きい[要出典]

関連市中病院(大学各科別にもつコネクションにより、各大学医局が、周辺あるいは遠隔に立地する、人事権を行使可能な病院)に属する医局員

  • 経営管理者・経営管理院長(医師、例えばA大学B科の医局員である、以下、同)
  • 院長 
  • 副院長
  • 各科主任部長
  • 臨床教授
  • 各科部長
  • 各科副部長
  • 各科医長
  • 各科副医長
  • 各科医員
  • 各科研修医(特定医局の医局員でない事例が、新臨床研修制度施行後、多数派となった)

近年、私立病院だけでなく、国公立病院・公的病院も「公募」により人員を募集する事例が増している。元来は、「医局」から人員派遣を依頼して、その医療が成立していた。したがって、、本来の院長(日本では医師、海外では経営修士・博士コース修了者)の執り行う主たる仕事は、できる限り多くの大学病院の多くの科にあいさつ回りをすることであった[要出典]。しかし、最近は、その経営手腕・能力が実際に問われる局面が増加している。また、経営安定化のため、各病院に経営専門の「院長」である「経営管理者」というポストを設立する動きが強まっている。しかし、これも、現在は、医局派遣による医師が任命されることが多く、出身医局の大学の都合に強い影響を受けるため、病院経営の大局的俯瞰が難しく経営のプロフェッショナルな観点から病院運営を見渡すという点では、諸問題がある。つまり、多くの公的病院院長、経営院長は、大学医局の天下りポストに過ぎないことが多い[要出典]

特徴[編集]

  • 医局の業務を整理するために「医局長」と呼ばれる「医局担当教員」が置かれることが多く、講師または助教が務めることが多い。医局長は、臨床業務、研究業務については免除される大学がほとんどであり、医局業務、つまり、医師派遣業を本質としてもつ医局運営に従事する。
  • 医局の事務に従事するために「医局秘書」が置かれることが多い。
  • 診療科の基幹医師である「主任部長」「部長」などをだれが務めるかは、主に大学病院ごとに異なる。
  • 大学外・大学病院外の関連病院にも医局員、元・医局員がいる。
  • 関連病院は、「大学医局(医者の置屋)」から医師派遣を受ける時、医師一人あたり約100万 - 200万円程度の研究費寄付を大学医局の口座に振り込むことが多い。これは、請求のような表立った行為はなく、あうんの呼吸でなされるため、医局幹部による寄付金の私的流用が無い限り、医局側に法的違反はないものと考えられている。[要出典]また、民間の人材紹介会社からの医師紹介に対しては、紹介を受けた病院は、その医師の受け取ることになる年収の20%を紹介会社に支払わなければならないため、大学医局へ寄付金を支払うほうが「安上がり」という打算的判断も働くことがある。しかし、一度、「大学医局」から医師派遣を受けると、医師が交代するたびに、寄付金を支払うことになり、長期的には、大学医局の研究費財源として翻弄される結果となりやすい。
  • 各関連病院は、毎年、300万 - 500万円程度の上納金を、大学医局に支払う。しかし、これは、各関連病院に勤務する医局員医師の本来の年収から天引きされているため、結果的に、上納金を支払っているのは各関連病院ではなく派遣されている医局員医師であることになる[要出典](医局員医師給与の搾取)。
  • 国公立病院、自治体病院、公的病院に比し、民間病院からの上納金は障害少なく容易に支払われまた比較的高額であるため、医局員は民間病院に出されることも多い。また、比較的小さな、いわゆる「名もない病院」、地方にあるあまり「人が行きたがらない病院」ほど上納金は高くなり、大学医局はより好んでこのような病院に医局員を送り込んできた[要出典]
  • これら上納金支配の元締めが大学医局教授であり、その集金実行隊長が大学医局医局長であると分類できる[要出典]
  • 上納金は、大学研究寄付金の名目で収集されるが、実際は、会合・集会の開催費用、招待客接待費用、会議出張費用、医局会諸費用、学生勧誘コンパ費用などに使用され、大学研究の結果としての学術論文発表という形で還元されることは、非常に稀である[要出典]
  • 大学医局は、多くの場合、この上納金について国家機関に申告しておらず、したがってこれに発生するところの国税を支払っていない。
  • 各関連病院からの大学医局への上納金が、目に余る悪質な経路、経緯を経ている場合のみ、「特捜」の捜査対象となってきた。これにおいて、大学教授逮捕のニュースが、散見される。
  • 学閥を中心に勤務医師たちが徒党を組み、その団体に所属するものを同じ村人、属さないものをよそ者として認識する性向をもつ。これは、医局という(闇の)人材派遣会社に属するか属していないかという観点から考えれば、当然の帰結である。
  • 医師の労働市場の自由化を阻み、自由意志による職場選択を妨げ、その流動性を硬直化させる働きをもつ。いわゆる医師不足は、大学医局が、大学病院以外の総合病院、市中病院で勤務していた医局員とよばれる医局に所属するメンバー医師を、強制的にその病院から退職させて大学病院に異動させたことにより、顕在化したという指摘がある。また、医師不足に悩む総合病院に医局に属さない医師が自発的に自由に就職することは困難であり、それを試みようとすれば、まず同病院を支配している大学医局のメンバーになることを強要されることから(つまり、その医師が医局員でなければ、その給与の天引きはできない)、これを嫌う医師の募集が進まず、医局は医師不足解決の足かせにもなりうる。
  • 医局に属している限り、医局メンバー勤務医には同医局からの庇護がある(医局員は、医局に上納金をもたらす原資である)。医局員の行動が順法範囲にあるかぎり、反社会的言動、行動も許され、その生活が守られる仕組みがある。ただし、医局組織から脱会を試みると、同医局から制裁措置を受けることがある(上納金を失うことを嫌う)。結果、医局に属する勤務医の精神構造を半永久的に学生レベルに留め、社会化、成人化することを阻む作用をもつ。
  • 大学病院以外の市中病院で勤務を命じられている同大学医局メンバー勤務医は、現在当該勤務病院を1年ないし数年で去ることになっている(医局員が病院を変える度に大きなお金が動く)。したがって、勤務病院を一時的腰掛病院とみなさざるをえず、結果、同勤務医の当該病院での勤務態度、素行に少なからず影響を与えうる。
  • 医局に属するためには、医局費および同門会費の二重会費を医局に納め続けなければならない。これを怠ると医局内規を破ることになり、制裁措置が発令されうる。また、学会主催、来賓接待などの名目で、臨時医局協賛費が各医局員から徴収されることが多い。これら集められたお金は、大学医局幹部の自由裁量で医局活動費の原資となる。大学病院以外の市中病院で勤務する医局メンバー医師にとっては多くの恩恵は期待できない。
  • たとえて言えば、医局は芸能事務所、医局員医師はその事務所に属する芸能人、各関連病院は各テレビ局の番組、といった関係に比喩しうる。しかし、医局員医師の給与はあくまでも非常につつましい。

人事[編集]

医科大学歯科大学附属病院では、各診療科の医師歯科医師の人事については大学病院ではなく各医局の長である教授が実質的人事権を持つことが多い。なお、附属病院における医局と学部における講座は実質的に同一である(医局講座制)ことを考えれば、各講座の医師歯科医師の人事については大学ではなく各講座の長である教授が実質的人事権を持つことが多いと読み替えることができる。

上記人事は病院内での職場配置だけでなく、関連病院への派遣も含まれる。すなわち関連病院は診療科ごとに医師・歯科医師の人材の供給を大学に依存している。公立病院であっても例外ではなく、このことを問題視する声もある。

特に自治体の設置する病院など公的な性質の強い病院の場合は、医師を含め職員の採用は本来求人を公に行い、学歴に関係なく実績や能力のあるものが採用されるべきである。ところが医局による人事では、全てが病院と直接関係ない地元の医学部教授に一任され、時には採用される医師の意向さえ無視し教授の独断で就職させられることもあり、問題となってきた。

保健医療制度の元では、医師の経験や技量を問わず、同じ医療行為に対して同一の対価が支払われる仕組みになっている。従って、経験が浅く、賃金も安い医師を雇用した方が病院としては経営上有利である。また、雇用した医師が経験や技量を取得し、高い賃金を要するようになると、新たに若い医師と入れ替えた方が経営上有利である。医局はこのような病院側の事情をくみ入れ、必要に応じて医師を転属させる。こうして病院は人件費を一定に抑え、経営を安定させようと図る。医師の派遣を受けた関連病院は研究費を提供するなどして教授の研究業績に寄与し、有名教授の下にはさらに入局者が集まるという図式であった。

派遣される医師は、病院を点々と転属しながら経験を積んで、理想的には自分の技量レベルを最も求めている病院へと赴く。しかし、現実にはすべての病院が理想的な職場環境ではなく、医局人事は(理想的には)低待遇の病院を出来るだけ多くの医師の間に割り振って、特定の医師が低待遇の病院で長期搾取されることを防止する役目もある。さらに、高度な医療技術を学べる施設に派遣された医師は、その後医局に対する「お礼奉公」と称して、しばらく低賃金で僻地の診療所などへ派遣される習わしがあった。このことによって(理想的には)医局は医療過疎地を保護する役目も果たしていた。

教授を頂点とする医局のシステムは診療科の診療方針全般及び上記のように関連病院の人事について決定権を持つため、治療薬の選択、医療機器の導入、各医学部による関連病院の実質的な支配など大きな利権が生じる余地があること、医局ごとに独立性が強い一方で他の医局との連携が悪かったために「隣の医局は外国よりも遠い」と表現されており、長年批判の対象となってきた。しかし、2004年の新研修医制度導入などの厚生労働省の政策により、近年の医局の影響力低下は著しい。以前ならば大学の医局に入局した卒後医師の多くが、都市部の大病院での研修を希望した結果、医局に入局する医師の数は激減している。このため医局の指導力と絶対的人事権が崩れ、恵まれない環境でも医師が出向せざるを得ない、との状況は過去のものとなった。その結果、大学病院自体の人手が不足し、さらに地方の関連病院過疎地の診療施設へ赴任する医師が激減している。特に地方の医大において、こういった傾向は著しい。

一連の厚生労働省の施策は、いままでの悪しき習慣としての医局を破壊し、権力を削ぐという点では一定の成果を挙げたものの、地方の基幹病院の統廃合とレベルアップの方策がないままに、医局による医師派遣を必要としてきた地域医療の崩壊をもたらしているとして、功罪半ばと言える。そのため、院長になる資格として、僻地医療を経験した者とする制限を設けようという動きもある。

研修医は、 卒業後、卒業大学、または他の大学の医局に入局する義務はないが、多くの場合、どこかの医局に属する。知識・技術を向上させる上で医局での教育システムが 重要であることと、後期研修のできる職場を自分で探すのは大変だからである。近年では医師不足の傾向があり就職は大きな問題点とはならなくなりつつある。医局の絶対的なヒエラルキー、教授の独裁制を支えてきた大きな柱は、究極的には「博士号・ティーテル・title」であった。医局員は医局が敷いたレールの上を、唯々諾々と歩み続けていれば、教授から嫌われない限り、いつの日か、「医学博士」を頂戴できたので、いかなる無理難題にも耐え続けてきたのである(医師の七割は医学博士なので、博士号を持っていないと、一生涯、コンプレックスに悩むことが多い)。

伝統的な医局制度の是非[編集]

概要[編集]

元々、伝統的な医局制度を設けていなかったのは、筑波大学附属病院である。

弘前大学医学部のように不祥事の多発が看過され続けてきたため公に「医局を廃止する」と宣言する大学が現れる一方、医局のWebを掲載して大学病院における情報公開と連動して医局員の募集を行っている医局も多い。

大学病院の医師にかかわらず一般の医師でも、大学病院の医局の存在自体を積極的あるいは消極的に肯定する者も多い。医療崩壊が叫ばれる中、医局に代わる合理的な人事システムが依然見えてこないことが大きな理由であるといわれている。弘前大学医学部でもこうした一長一短を踏まえた上で、近年は医局に近い制度を構築しつつある。

筑波大学附属病院の事例[編集]

国立大学とその附属病院でありながら、こうした伝統的な医局制度を当初から持たなかった存在として筑波大学附属病院がある。筑波大学の「学士課程」においては、教員と学生がともに所属する「学部」が置かれず、学生が所属する「学群・学類」と、教員が所属する「学系」の2つの組織をもって、教育研究上の基本となる組織としている。

「学群・学類、学系の制度」の趣旨に則り、旧来、学部に置かれるものとされてきた「講座」または「学科目」は置かれず、また医局も「講座」「学科目」の延長にあるものと考えられて置かれなかった。そのため、独特の研修医制度を持っている。長所としては、専門診療科以外の病棟での研修も行われていたことであるが、短所としては、複雑な機構の中で、教育および研究と附属病院との連携が薄れてしまったことである。

2000年代から生じた大きな問題として、医師免許を有していない学生の教育が大学の付属病院だけで行い得なくなったことがあげられる。そのため、教授をはじめとする大学教員が、茨城県内の地域医療支援病院などに学生の研修を願い出ている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]